保護猫が店員で店内の本はすべて猫本。 夜はネコリンピックの本屋さん!  「Cat's Meow Books」訪問記 井上理津子著、安村正也協力 『夢の猫本屋ができるまで Cat's Meow Books』 (ホーム社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年9月28日 / 新聞掲載日:2018年9月28日(第3258号)

保護猫が店員で店内の本はすべて猫本。 夜はネコリンピックの本屋さん! 
「Cat's Meow Books」訪問記
井上理津子著、安村正也協力 『夢の猫本屋ができるまで Cat's Meow Books』 (ホーム社)

このエントリーをはてなブックマークに追加
二〇一七年夏、三軒茶屋から東急世田谷線でひと駅の西太子堂の住宅街に、一軒の小さな本屋さんがオープンした。店名は「Cat's Meow Books」。保護猫が店員として常駐、店内の本はすべて猫本で、売上の十%を保護猫団体に寄付するという、猫の本の専門店だ。オープンから一年の今夏、『夢の猫本屋ができるまで Cat's Meow Books』の刊行を機にお店を訪ね、猫店員のくつろぐ空間で著者の井上理津子さんと店主の安村正也さんにお話を伺った。

(編集部)
目 次

第1回
■『夢の猫本屋ができるまで』ができるまで

店内は「ネコ・ファースト」
井上 
 なぜこの本の執筆を引き受けたかというと、これまで本屋さんをたくさん取材してきた中で、本屋さん一軒の成り立ちが最初から見られるということも魅力だったのですが、一番の決め手になったのは安村正也さんに最初にお会いしたときに、書く書かないは別として、収支も包み隠さず教えてくれますかと聞いて、安村さんが全部OKですと言ってくれたことでした。
安村 
 いま言われるまで忘れていましたが、そういえば言いました。まだオープンもしていないときで怖いもの知らずだった(笑)。

――そもそものきっかけは、店主の安村さんが版元・ホーム社の刊行物を店で取り扱いたいと相談に訪れたことから始まった。「話しているうちに、開業物語として出版しませんかという話になって(安村)」。実はその編集者も猫好きで「Cat's Meow Books」のクラウドファンディングを支援してくれていたことを知ったのだという。また、安村さんは猫本屋開業にあたって、会社員を続けながら本屋を運営するパラレルキャリアを選んだ。
井上 
 この店主のすごいところはブレないところ。でも、そのブレなさが本屋さんをたくさん見ている人間からすると痛々しく見えるところがあって……。二五〇軒、本屋さんを取材した中でお店を続けていくことが一番大きな課題で、潰れちゃったら話にならないわけです。お店を存続させつつ自分の流儀を出していかないと。安村さんは途中から方針をやや修正して、古本よりも新刊を重視するようにシフトしていきましたが、でも古本を仕入れて売る方が利幅は大きいわけです。ギリギリで成り立っていたら、それどころじゃなかったと思うんだけど、そこを会社員を続けながらのパラレルキャリアでカバーすることを最初から考えていらしたからブレずにいけたと思うんです。
安村さんと井上さん
安村 
 そんなほめ殺しは先日のトークイベント(8/24刊行記念トーク@本屋B&B、出演:安村正也氏、井上理津子氏、東えりか氏)で言って欲しかった(笑)。ブレなかったことの理由の一つとして、業界の常識を知らないということが大きかったと思うんです。
井上 
 会社を辞めて、本屋さんだけでいこうと思ったら絶対無理です。
安村 
 「本×猫」の本屋だけでいこうと思ったけど、物件探しの過程で自宅兼店舗として家の購入を決めた時点で切り替えざるを得なくなった。それが功を奏したのではないかと思います。
井上 
 これから先が長いのだし、体力的にキツくないですか?
安村 
 今はだいぶラクになりましたけど、オープンから一年は本当にしんどかった。でも、体が慣れてきたのは同時に気持ちも慣れることでもあるから本当はイヤなんです。良い意味での緊張感はずっと持っていたいと思います。先程言っていただきましたが、新刊にシフトしてきたからこそラクになった部分もあって、古本って値付けが面倒なんです。
井上 
 面倒だけど、古本はそこが面白いからみんなやるわけで。
安村 
 通常の古本屋さんだと、お客様が売りにこられた本を買い取って値付けする。新たな本に出会うという面白みがあると思うのですが、ウチの場合は猫本という縛りがあるから、僕がせどりしに行って自分の中のライブラリーを埋めているという感じがあって、それで新刊の方にシフトしていったというところがあります。
井上 
 別に落とすわけじゃないけど、その見解はまだ青いんじゃないかな。来年は違うことを考えているかもしれないですね。

あっ! ネコリンピック始まる(笑)。
この記事の中でご紹介した本
夢の猫本屋ができるまで  Cat's Meow Books/ホーム社
夢の猫本屋ができるまで  Cat's Meow Books
著 者:井上 理津子
出版社:ホーム社
以下のオンライン書店でご購入できます
「夢の猫本屋ができるまで  Cat's Meow Books」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
井上 理津子 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
文化・サブカル > 図書館・書店関連記事
図書館・書店の関連記事をもっと見る >