鼎談=成相肇×細谷修平×平沢剛/インタビュー=ヴラスタ・チハーコヴァー <「1968年」の芸術表現とポリティクス> 千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展開催を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年10月5日 / 新聞掲載日:2018年10月5日(第3259号)

鼎談=成相肇×細谷修平×平沢剛/インタビュー=ヴラスタ・チハーコヴァー
<「1968年」の芸術表現とポリティクス>
千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展開催を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
50年代後半から70年代前半で検証を

藤本晴美、浜野安宏がプロデュースしたゴーゴークラブ「MUGEN」のライト・ショー2018
成相 
 平沢さんは1968年から半世紀というこの機会をどのように眺めていますか。
平沢 
 私は60年代の映画、文化、政治を専門にしており、その時代、或いは作家や作品の研究や紹介をしてきたため、1968年という象徴的な記号を使うのをできるだけ控えたいと考えてきました。ただ、40周年の2008年に、日本では欧米に比して、68年という主題自体がほとんど語られていなかったにも関わらず、歴史学、社会学者による修正主義的な再解釈が始まっていたため、出版や企画を通じてそれらとは異なった文脈を提起しようとした。

しかし、そこからさらに10年が経過した今年は、一般的とまでは言えないが関心が高まっている。運動が盛んな国や地域では、68年は回顧の対象ではなく、今現在の課題と直結していますが、日本の場合、68年をめぐる問い自体が、政治的、文化的に空転しているように見える。ですから、68年を根源的に再考するならば、それらの潮流と距離を置くべきではないかと思ってきました。一方で、実際に重要な作品やテクスト、新たな証言を目にできる貴重な契機でもある。そうした難しさのなかで、海外での関連上映や展示に関わりながら、日本国内でも、ドイツ文化会館で「1968年――転換のとき」という映画特集と展示を行いました。ドイツと日本の60年代を比較することで、日本的文脈を批評的に捉え直す試みでした。
当時の雑誌と鶴岡政男《ライフルマン》1968年(写真奥)
成相 
 「記号としての1968」。そもそも一つの疑問として、本当に日本の1968年をパリやプラハなどと同列に転換点として語り得るかということも考えていいと思います。たしかに現象として「1968」というムーブメントはあった。しかしそれは内在的な問題に紐づいた動きだったのでしょうか。
平沢 
 さまざまな解釈はできると思いますが、68年といったときに、広く1950年代後半から、1970年代前半の範囲で検証していくべきだと思います。もちろん、政治的にいえば、1960年の安保闘争と1968年の全共闘運動はまったく違うのは承知していますが、全共闘史観による68年中心主義に対する批判も出ているなかで、67年あるいは68年を決定的な転換点と定義することにも違和感があります。映画では、日大映研が50年代後半からで、VAN映画科学研究所、フィルムアンデパンダンが60年代前半からになります。美術や音楽では、ネオダダ、ハイレッド・センター、グループ音楽など、ひろく日本のフルクサスと言われる運動は60年前半から開始される。政治や思想の文脈では、現代思潮社の系譜において、自立学校、東京行動戦線、レボルト社などがあり、「直接行動」という理論=実践のもとに、先に挙げた美術家や映画作家たちは深く関わって来ました。

ですから68年は、60年安保闘争の前後から、あるいはそれを経過して生まれた芸術や思想運動に準備されていたとも言えるし、それと同時に彼ら、彼女らも68年という出来事に決定的な衝撃を受けたとも言えます。もちろん、解釈が分かれるのは承知していますが、その変化、差異、共通性などを、広くとって考えていくべきではないかと思います。
細谷 
 ゼロ次元は1963年の名古屋・栄での這いつくばりパフォーマンスを皮切りに活動が始まります。その後、加藤が東京に出たことから、読売アンパンや内科画廊といった美術の現場のほか、メーデー会場や公衆浴場といった大衆の場で儀式を繰り広げ、映像作家や美術家との関わりを深める中でゼロ次元は変容していく。68年で言えば、ゼロ次元の全盛期です。この頃に松本俊夫の「薔薇の葬列」、中島貞夫の「にっぽん'69 セックス猟奇地帯」など様々な映画に出演しています。そして政治運動に接近し、万博破壊共闘派へと向かっていく。そういった変遷があります。確かにゼロ次元だけでも63年或いはそれ以前から見ないととても捉えきれない。
1 3 4 5 6 7
このエントリーをはてなブックマークに追加
成相 肇 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
芸術・娯楽 > 芸術学・芸術史関連記事
芸術学・芸術史の関連記事をもっと見る >