鼎談=成相肇×細谷修平×平沢剛/インタビュー=ヴラスタ・チハーコヴァー <「1968年」の芸術表現とポリティクス> 千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展開催を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年10月5日 / 新聞掲載日:2018年10月5日(第3259号)

鼎談=成相肇×細谷修平×平沢剛/インタビュー=ヴラスタ・チハーコヴァー
<「1968年」の芸術表現とポリティクス>
千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展開催を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第5回
1960年代は 広告産業が環境に

横尾忠則《新宿泥棒日記》1968年 高松市美術館蔵 (C)横尾忠則
成相 
 僕に関して言えば、修正主義的なところはあるでしょう。国鉄が1970年から始めたキャンペーン「ディスカバージャパン」を取り上げた展覧会をした際に一番大きなトピックにしたかったのは、このキャンペーンに付随して起こった論争における中平卓馬への疑問、いや批判です。こうしたトピックはいわゆる作品だけを集めても見えないし、作品と呼ばれないものを入れなければ登録されている評価はなかなか揺るがない。中平の写真批評や文化批評は非常にシャープで示唆に富むのですが、中には暴走しているものもある。実のところ中平の仕事は神聖視され過ぎているように僕は思っています。まさしく資本の流入を最も恐れ、徹底して攻撃していた筆頭が中平で、国家と資本がタッグを組んだディスカバージャパンは格好の的でしたが、批判が先立つ余りに八方破れの論を展開してしまう。それをテレビマンユニオンの今野勉が批判して論争となった。大手資本に関わるすべては敵だという考えは前衛の論調のひとつの典型で、それは後々にまで硬直して引きずられている気がします。
平沢 
 現在に至るまで続いている、ということですか?
成相 
 そうです。僕としては肥大した1968年周辺の問題をほぐして現在に繋ぎたかった。要するに、左翼方向に振りすぎているという異論を出したわけですが、中平のことに関して言えば、「お前は体制側の人間か」という抗議のお電話もいただいた。未だに体制側か否かという尺度があるのかと驚きましたね。
平沢 
 60年代を振り返る際に、政治的な言説だけが強くなるのは避けられるべきというのは同感です。ただし、政治的な背景なしに新しい表現があったとは言い難いので、そのバランスをどう取るかが問題なのでしょう。他方で、中平の神聖化への批判は理解できますが、それがどこに向かうためなのかという戦術的な視点を、キュレーターなり研究者が持たないと、脱中心主義のための絶えざる相対化というか、大雑把な結果に終わってしまわないでしょうか?
成相 
 それは確かに。今は検索すればたくさん情報が出てきて、小さな情報でも手に入りやすい。だから微細な年表を作って「大雑把」な展覧会の形にするだけならとても簡単にできちゃう。しかしその検索行為がこれまで語られてきた大文字の文化を前提とすることで、相対化どころか却って既存フレームの強化に繋がることの方が怖い。
平沢 
 美術館やフィルムアーカイブの役割としては展示や上映を通じて、あるいはそれとは別に購入や寄贈があって、現実的に作品や資料を残していくという機能があります。実際の展覧会や特集上映が注目され、そのアクチュアリティが問われることも多いですが、物質的な修復、保存、保管、あるいは再制作といった側面がより強調されるべきではないかと思います。
細谷 
 68年当時、既に津村がビラというメディアの質的な重さを指摘していますが、ビラ一枚にしてもビラの持つ力があって、時間を経た現在であれ、そこから新しい思想なり展開が可能かもしれない。それをきちんと意識した上で保存、デジタル化していくことが重要ですよね。あとは資料体をどう見せていくか、活用していくかですね。
成相 
 かつて「資料」としてカタログに収録されなかったビラなども、きちんと判読できるように掲載することが増えています。特に1960年代は広告の持つ意味がすごく大きい。広告産業が環境に成り代わっていった時代だから。例えば広告という目的と機能を持ったポスターを、広告としてではなく部屋に貼るような文化が出てきたり、広告をコラージュする作品も目に見えて増加する。ビラの収集価値は当然あるわけです。印刷メディアの興隆に伴って複製概念そのものを素材にすることができるようになったのはこの時代に顕著な動きです。赤瀬川原平の千円札作品はその代表ですし、横尾忠則が作品のみならず自身のイメージさえどんどん複製して脚光を浴びたのも必然だったでしょう。
1 2 3 4 6 7
このエントリーをはてなブックマークに追加
成相 肇 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
芸術・娯楽 > 芸術学・芸術史関連記事
芸術学・芸術史の関連記事をもっと見る >