【横尾 忠則】91才のメル友来訪。三島への長年の疑問が氷解。|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

日常の向こう側ぼくの内側
更新日:2018年10月9日 / 新聞掲載日:2018年10月5日(第3259号)

91才のメル友来訪。三島への長年の疑問が氷解。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.9.24
 例によって現実の一部を切り取ったような夢、例えば〈プレスリーのCDを全巻買う〉夢とか、本当に情けないほどつまんない夢!

深夜にテレビをつけると宝塚歌劇のレビューを演っていてつい終りまで見てしまう。大和悠河全盛期。

早速彼女からのプレゼント、フード付きトレーナーで出掛ける。

夏バテはやはり神戸屋のカレーを食べながら、朝日新聞の書評を書く。

午後は絵を描くべきか、散歩すべきか悩みの果て、楽な散歩を選択。オレンジ色の蝶が何種類もの色の花畑の中で、自分と同じ色の花ばかりにとまる。色が認識できるのかな? というより色の波動が共鳴するのかも?

アトリエにて野上照代さんと(撮影・山本亜作子)
2018.9.25
 「黒澤明DVDコレクション」の監修者野上照代さん91才来訪。メル友で腰が痛い痛いと聞いていたので心配していたが、見た目もシャキッとしておしゃれで、以前より若くなっちゃったのでは? まともなインタビューではなく、黒澤さんとの思い出話の雑談だけれど、これでちゃんと文章化できるの? きっと優秀な編集者に違いない。黒澤さんは肉、うなぎの栄養の高い食べ物が好物。偶然だったがわが家の夕食は谷新さんにいただいたうなぎだった。

男物のパジャマがないといって妻が女物のピンクのパジャマを買って来た。今夜から女装だ。

「俳優のタムラです」。「あっ久し振りね、でも難聴がひどくて聴こえるかな?」「あっ、そーですか? ところで鈴木さんいますか」「そんな人いませんよ」「女性の?」「そんな人いません」「あれ、間違ったのかな? もう一度掛け直します、どーも失礼しました」。ぼくのところに掛けたことには気づかないまま切っちゃったけど、本物の田村正和さん? それとも弟の亮さん? 二人共俳優だからどちらかわからない。

2018.9.26
 カルティエで制作していたバンナーができて送ってくる。シンプルで格好いいのができた。また現在進行中のカルティエで個展したアーティスト百数十人の肖像画集のテスト印刷のチェック。

風邪気味で夜の外出は控えようと思ったけれど、書評したい本があるので朝日の書評委員会に葛根湯とユンケル飲んで出掛ける。

2018.9.27
 昨日、終日雨だったせいで、おでんは外の公衆便所に行かないでぼくの布団の上でまたやっちゃった。そのために妻は一日中後始末で振り廻されている。

補聴器の調整に青山の東京ヒアリングケアセンターへ。個室に入ったぼくを離れた場所からの遠隔操作で音を調整するが、検査の結果、例えば言葉が10語あるとすると、5語が飛んでしまうので、言葉の意味が理解されない。今はおおよその勘で反応しているが、トンチンカンな対応をしているんだろうなあ。

夜、町内の作家の花輪莞爾さんに紹介されたはりの訪問治療の藤森先生に耳の施術を受ける。難聴者に多い症状、三半規管がかなり硬くなっているそーだ。難聴が肉体に症状がでているとは気づかなかった。

2018.9.28
 「週刊新潮」の八尾さんが掲載用の京都の取材写真を持参。

おでんが設置した砂のトイレで用をたしてくれた。目出度し。目出度し。

2018.9.29
 〈大きな建物内を移動するのにゲートを通るためにスマホが必要だが、ぼくは持っていないので通してくれない。ゲートを通るのは有料だというので一万円渡しておつりを貰おうとしたら、そんなことはできない〉という夢を見る。

はり治療が健康保険でできるとはり師の藤森先生に聞いたので、早速、近くの漢方医の盛岡先生に同意書を交付してもらう。料金はかなり少額負担になる。

成城駅前で昼食のあと、久し振りに旧山田邸でコーヒーと持ち込みの菓子パンを食べながら、この日記をここまで整理する。

何げなく読んでいた蕗谷虹児の本の中で三島由紀夫が「岬にての物語」を虹児の挿絵で出版していたことを知った。三島は虹児の乙女チックな「昭和ロマン」に惹かれているらしい。三島の書斎に終生飾っていたぼくの処女作に近い1965年の作品を好んだことがぼくの中でずっと疑問だったが、今想うとその絵がどうも昭和ロマン的でエキゾチックな虹児に似てなくもない。長い間謎だった秘密がやっと解けたような気がする。

2018.9.30
 午前中、アルプスで書評用の本を読む。ここにタイトルは記せないけれど、面白くない。だけど面白くない本ほど面白く書けることもある。書評はどーいうわけか「面白くない」と書く人はいない。そんなに評価する本ばかりとは思えないけれど。

夕方、整体院でマッサージ。台風24号が来るかも知れないので予定の5時半を4時に繰り上げて欲しいと。終った頃に雨も止んでいたが、夜半には東京に上陸とか。わが家には台風の気配はないけれど。
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >