秋季特別展「没後十年 小川国夫展 はじめに言葉/光ありき」(編集=紅野謙介、勝呂奏)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年10月12日 / 新聞掲載日:2018年10月12日(第3260号)

秋季特別展「没後十年 小川国夫展 はじめに言葉/光ありき」(編集=紅野謙介、勝呂奏)

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月13日(土)~12月1日(土)、日本近代文学館・ホール(東京都目黒区駒場4―3―55)、開館=9時半~16時半、休館=毎週日曜、月曜、第四木曜、観覧料=一般300円。
小川国夫没後十年にあたる本年、同館で収蔵する小川国夫コレクションの初の本格的な展覧会を開催。 

【同時開催】
★受贈記念展「矢来町のたからもの 佐藤俊夫新潮社元会長旧蔵資料の輝き」(編集委員=中島国彦)
問い合わせは、日本近代文学館TEL:03・3468・4181、または「日本近代文学館」で検索。
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >