対談=斉藤渡×前田浩/牧原依里 <手話を排除する歴史との苦闘> 書籍『手話の歴史』発売と、映画『ヴァンサンへの手紙』公開を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

WEB限定
更新日:2018年10月17日

対談=斉藤渡×前田浩/牧原依里
<手話を排除する歴史との苦闘>
書籍『手話の歴史』発売と、映画『ヴァンサンへの手紙』公開を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
——聞こうとする心があるなら、耳が聞こえなくても何の問題があるのですか。本当の「聾」、癒しがたい「聾」とは、聞こうとしない閉ざされた心を言うのです。——
2018年6月に刊行された、フランスに生まれアメリカに渡ったろう者教師ローラン・クレールの語り形式による大河物語のようなノンフィクション『手話の歴史 ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで』(ハーラン・レイン著:築地書館)。上の言葉は、エピグラフとして記された、文豪ヴィクトル・ユーゴーがろう者フェルディナン・ベルティエに贈ったものだ。これは、10月13日よりアップリンク渋谷ほか全国で順次公開されるドキュメンタリー映画『ヴァンサンへの手紙』(レティシア・カートン監督)にも共通するメッセージなのだ。いずれにも、手話という大切な言語を奪われているろう者たちの苦悩や怒り、悲しみ、そして手話を用いる喜びや手話表現の美しさなどが描かれている。
今回、『手話の歴史』の翻訳を手がけた斉藤渡さんと監修・解説を担当した前田浩さんに、『ヴァンサンへの手紙』をアップリンクと共同で配給する「聾の鳥プロダクション」の牧原依里さんから、お話を聞いて(見て/読んで)いただいた。(フリーライター:小林 蓮実) 
第1回
『手話の歴史』翻訳本誕生の背景

斉藤 渡氏
牧原 
 今回の『手話の歴史』と『ヴァンサンへの手紙』には、共通点があります。また、聴者としてろう者の支援に携わる斉藤さんと、ろう者として支援や研究に携わる前田さんとの間には、ろう社会の問題を反映するような共通の認識があるのではないでしょうか。そこでまず、斉藤さんが『手話の歴史』の翻訳を手がけたきっかけを教えてください。
斉藤 
 私が『手話の歴史』と出合ったのは本当に偶然ですが、読みながら、これは絶対に翻訳する必要があるすばらしい書籍だと考えていました。
牧原 
 翻訳がご専門ではない方に、翻訳を決意させるとは、すごい1冊ですね。ただし、その分、ご苦労も多かったのではないでしょうか。
斉藤 
 そうですね。やはり、各国の文化、そしてそれぞれの社会のろう者周辺にあった文化的背景を知らなければ、原文の言葉のもつ意味がわかりません。でも、現在はインターネットからの情報が得られるので、大変助かりました。
牧原 
 そして前田さんは、斉藤さんの翻訳を手伝われたということですよね。
前田 
 そうです。私は教員を経て、大阪ろう就労支援センターに勤務しています。『手話の歴史』に登場するフランスのろう教育については、ド・レペ神父が世界初のパリろう学校を立ち上げ、手話での教育を始めたことなどは知っていました。しかし、ド・レペの方法的手話の詳しい内容、パリのろう学校で働く教員をはじめとする群像、ろう学校卒業生たちによるろうコミュニティの誕生と経緯について、あの本ほど生き生きと描かれた書籍は日本では出版されていないでしょう。ところが、手話言語とろうコミュニティの関係性については、研究領域としても重要な分野です。だから日本でも、京都盲唖院や東京の訓盲院成立以降のろう者コミュニティの発展史を伝えるような本が必要です。
牧原 
 おっしゃるとおりですね。私も『手話の歴史』を読みましたが、自分のルーツが書かれていると感じ、歴史が苦手な私でも興味深く読み進めることができました。しかも、硬い本かと思いきや、登場人物のキャラクターが強く、人間味にあふれていて。人が歴史をつくってきたということが、よく伝わってくる本だと感じました。『手話の歴史』も『ヴァンサンへの手紙』も、ろう者の世界を、聴者の世界に広く伝えてくれるメディアの1つですね。
前田 浩氏
前田 
 『ヴァンサンへの手紙』は、「フランスのろう者による草の根の運動を、ありのままに描く」という視点がよかったのではないでしょうか。次回作は、映画の台詞にもあったように、「点が線に、線が面に」なるような内容を期待します。それは、運動の広がりを生み出す視点に立ち、今後を展望できるような作品となるでしょう。
牧原 
 この作品は、聴者がろう者の視点に立って撮っています。そのため、私の感想としては、作品そのものが共生のあり方を提案しており、希望そのものだというものです。ただし、レティシア・カートン監督から、「出演者たちのその後は、明るいとは言えない」という話も聞きました。
斉藤 
 私は、その現実をこそ、映画作品として観たい。聞こえる人と聞こえない人とのフランスでの結びつき、日本との共通点や差異を知りたいですね。日本では、日本語と同等の言語として手話を認知させ、ろう者が手話言語による豊かな文化を享受できる社会を実現するための「手話言語条例」が最初に鳥取県で制定されました。その後、多くの自治体で同様の条例が制定されていますが、その内容をどう実行するかはこれからの課題です。
牧原 
 ただし、「人間同士」として、ろう者と付き合う聴者も増えているように感じています。
斉藤 
 昔からいますよ。私と前田さんも、40年以上の付き合いです。
牧原 
 それでは、本書や本作でも繰り返されている、「なぜ独自の文化をもつろう者が、欠陥をもっているとみなされるのか」について、どのようにお考えでしょう。
前田 
 言語にはすべて、まずはお互いにわかり合おうという伝達機能があります。フランスも日本もろう教育現場では、ごく最近まで「手話があった方が伝わりやすい」という実用面でしか、手話が評価されていなかった部分があります。言語は、コミュニケーション機能だけでなく、その言語コミュニティで生きる人間たちが形成してきた歴史・文化をも背負っている。日本にも大正末期以降、手話法と口話法(音声言語に基づき、音声言語の表出を教える方法)の論争が長く続き、その間、手話が顧みられなかった残念な歴史があります。口話法自体は、母と子のコミュニケーションを通じて聴覚を最大限に活用させようとする「母親法」とセットになって提唱された聴覚口話法(口形を読む読話と補聴器による残った聴力の活用によって発音とコミュニケーション方法を学ばせる方法)の普及にとって代わられていきました。口話教育の誤りは、「一般社会では通用しない」「口話を使う習慣が崩れる」からと、手話を教育の場から退けたことにあります。それにより、ろう者が誇りをもって手話言語を学び使うこと、手話による授業を受けたり積極的に社会参加したりする権利も奪ってきたところにもあると言えます。
1980年代以降になり、ようやく、ろう学校における手話復権と手話教育の必要性が叫ばれ始めました。それは、法改正運動など、ろう者の市民的権利を訴えていく運動が展開される中から生まれたものです。
『ヴァンサンへの手紙』で触れていたフランスのろう教育の状況は、歴史的に日本と重なっていた部分があります。筑波大学で指導していた齋藤佐和先生のレポートによると、フランスでは、話し言葉を視覚化する「キュードスピーチ」というツールに近いLPCと呼ばれるツールを導入する乳幼児センターが、かなり多いようです。しかし、「LPCはろうの人たちからみると手話のライバルのように感じられ、話し言葉に対する以上に反発が大きかった。(略)その背後には、政府の助成金がLPCの発展に対して与えられたのに、手話に対しては与えられる予定もないということに対する不満もあった」とも、レポートに書かれているのです。そして、「1991年1月18日法」という、「ろう児の教育における二言語コミュニケーション(手話とフランス語)と、フランス語による口話コミュニケーションの間の選択の自由を規定するにいたった」という一見、先進的な法規定が出されています。ところが、現実には、ろう難聴の乳幼児をもつ保護者に接する医療機関、乳幼児センター等にろう者がほとんど採用されていない中で、聴者の考え方が先行。そして、二言語コミュニケーションによる教育という選択肢が活用されてこなかったという事情があるようです。
2 3
この記事の中でご紹介した本
手話の歴史 上  ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで /築地書館
手話の歴史 上 ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで
著 者:ハーラン・レイン
翻訳者:前田 浩
出版社:築地書館
以下のオンライン書店でご購入できます
手話の歴史 下  ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで/築地書館
手話の歴史 下 ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで
著 者:ハーラン・レイン
翻訳者:前田 浩
出版社:築地書館
以下のオンライン書店でご購入できます
「手話の歴史 下 ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
前田 浩 氏の関連記事
WEB限定のその他の記事
WEB限定をもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >