対談=斉藤渡×前田浩/牧原依里 <手話を排除する歴史との苦闘> 書籍『手話の歴史』発売と、映画『ヴァンサンへの手紙』公開を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

WEB限定
更新日:2018年10月17日

対談=斉藤渡×前田浩/牧原依里
<手話を排除する歴史との苦闘>
書籍『手話の歴史』発売と、映画『ヴァンサンへの手紙』公開を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
「発展途上」である国内の状況

前回に引き続き、2018年6月に刊行された、フランスに生まれアメリカに渡ったろう者教師ローラン・クレールの語り形式による大河物語のようなノンフィクション『手話の歴史 ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで』(ハーラン・レイン著:築地書館)。この翻訳を手がけたのが、斉藤渡さんで、監修・解説を担当したのが前田浩さんだ。
この2人に、10月13日よりアップリンク渋谷ほか全国で順次公開されるドキュメンタリー映画『ヴァンサンへの手紙』(レティシア・カートン監督)をアップリンクと共同で配給する「聾の鳥プロダクション」の牧原依里さんに、お話を聞いて(見て/読んで)いただいた。
(フリーライター:小林 蓮実) 

牧原 依里氏
牧原 
 私はフランスと所縁がある日本のろう者たちと話をしたことがありますが、実はフランスの方が日本よりも状況は深刻で、手話と口話の二極化が深まっているそうです。とは言え、ろう者や手話に対する認識は、日本もフランスも同じだと言えます。この映画を拝見された聴者たちから、「手話は言語だということを初めて知った」と言われますから。
前田 
 牧原さんが言うように、ろう者が医療モデルの対象として見られることが多い。聞こえないことを症状としてしか見ない現実が、まだまだ残っています。手話言語を用い、ろう者があるがままに生きていくという当たり前だけれども大事なことが、本当に理解されていません。
牧原 
 たとえば、日常生活のなかでも、問題は多々あります。金融機関の本人確認において、私も会社の同僚に、かわりに電話に対応してもらったことがありますが、これは聴者には驚かれる事実ですね。欧米では、電話によるコミュニケーションが困難な人のために、文字や手話などで支援する「電話リレーサービス」が普及しています。いっぽう国内においては、そのような支援は普及していません。
前田 
 実際にアメリカで数週間生活すれば、日常生活の範囲でも違いを実感します。日曜日のニュースでもワイプ(映像の小窓)で手話通訳があったり、英語字幕が必ず付きます。いっぽう日本の平日早朝のニュースでは、字幕が付かない番組がまだまだあります。日曜日となるともっと少なくなり、怒りを感じますね。また、牧原さんが言うように、キャッシュカードの申し込み時、電話による本人の声による確認を求める信販会社が多いことには、私も困っています。そのような情報保障(身体的なハンディキャップで情報を収集できない人に、代替手段を用いて情報を提供すること)や、ろう者への配慮のクオリティ面では、日本は本当に発展途上にあると強く感じます。
牧原 
 以前、前田さんは、その会社に問い合わせて対応を改善してもらったとお聞きしました。『ヴァンサンへの手紙』に登場する、ろう者で手話講師のステファヌも、「犠牲者とは何? 憐れんでもらうこと? それでは何も進まない」と言っています。そこで、現状の問題に対し、1人ひとりが声を上げていく行動が必要。とても大変で骨が折れる作業ですが、それが社会を変える1歩につながります。ところで、1880年のミラノ会議で手話の禁止について決議され、手話法は口話法よりも劣っているということにされます。『手話の歴史』でも、このことが取り上げられていますね。
斉藤 
 ミラノ会議の決議は、過去のものではありません。現在の日本でも、たとえば旧優生保護法(1948~96年)によって不妊手術や妊娠中絶を強制された障害者が、記者会見の場で悔しさを手話で訴えています。中央省庁の障害者雇用水増し問題もありました。だが、誰も処分されていません。障害者は軽くみられていると言わざるを得ない。そのいっぽうで、本書の解説に前田さんが書いたとおり、「世界で、そして日本で、弱者を切り捨てる不寛容の精神が強さを増して」いるのです。
牧原 
 「ミラノ会議は今も続いている」。まさにそのとおりで、重い言葉です。現在、聞こえない子をもつ親に対し、色々な情報を提供する前に人工内耳がすすめられる状況にあることからも、ミラノ会議の口話法優先の考え方は基本的に変わっていないことが窺えます。
前田 
 ミラノ会議の影響もあって、教育方法としてだけでなく、ろう者の生活の場からも手話が排除されていったのです。聞こえる人と同じような言語生活ができるろう者、つまり口話のみで社会生活ができるろう者を育てることが教育目標とされました。そして、ろう者の人間性より、発語や読話の能力で教育の成果をはかる風潮すら生み出してしまったのです。そこで映画『ヴァンサンへの手紙』では、あのような形でもがき苦しむろう者の姿をとおし、人間教育に関する根源的な問いかけを観る人にしていると捉えています。
牧原 
 映画の「舞台」であるフランスでは、聴者が手話を学びたいと思ったら、ろう協会が主催している手話講座を受けることができます。また、手話通訳者になるための大学もあり、手話通訳者の育成システムが整備されている。このようなことからも私は、フランスでは手話が言語であること自体が尊重されているという印象をもっています。いっぽう日本では、聴者が手話サークルで学び、通訳者になる道がほとんど。また、聴者が手話の指導を進めている部分はありますが、フランスでは手話指導はろう者自身が進めていくものという考え方が一般的です。
前田 
 日本のろう学校で手話を使ったり学んだりする環境はできてきてはいますが、聞こえない子どもたちが成長した際、地域や職場で手話を教えたり説明したりできるようになるためのカリキュラムが組まれていないのが実状です。学校を卒業した彼らが地域で手話講習を担当するには、手話言語に関する技術・知識面において、まだまだハードルが高いと感じます。
ドキュメンタリー映画『ヴァンサンへの手紙』 (C)Kaléo Films
1 3
この記事の中でご紹介した本
手話の歴史 上  ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで /築地書館
手話の歴史 上 ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで
著 者:ハーラン・レイン
翻訳者:前田 浩
出版社:築地書館
以下のオンライン書店でご購入できます
手話の歴史 下  ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで/築地書館
手話の歴史 下 ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで
著 者:ハーラン・レイン
翻訳者:前田 浩
出版社:築地書館
以下のオンライン書店でご購入できます
「手話の歴史 下 ろう者が手話を生み、奪われ、取り戻すまで」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
前田 浩 氏の関連記事
WEB限定のその他の記事
WEB限定をもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >