岸政彦×北田暁大トークイベント「構築と実在 社会理論の最前線」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年10月19日 / 新聞掲載日:2018年10月19日(第3261号)

岸政彦×北田暁大トークイベント「構築と実在 社会理論の最前線」

このエントリーをはてなブックマークに追加
★岸政彦×北田暁大トークイベント「構築と実在 社会理論の最前線」

〈勁草書房創立70周年企画『マンゴーと手榴弾』『社会制作の方法』(けいそうブックス)刊行記念〉

11月10日(土)、18時~19時半(開場17時半~)、青山ブックセンター本店・大教室、料金1350円(税込)、定員110名。

今秋、勁草書房から『マンゴーと手榴弾 生活史の理論』と『社会制作の方法 社会は社会を創る、でもいかにして?』という2冊の社会学の理論書が刊行される。個人の語りから社会を調査する生活史の理論と、哲学的な社会理論をベースに社会システムを分析する理論社会学。まったく異なる領域で活躍する二人だが、不思議なことに、その理論には大きな共通点がある。今回は著者の二人がどのように社会学に向き合ってきたのか、どのような思考を重ねて、それぞれが辿ってきた道筋が合流したのかを、存分に語り合う。 *いずれも、聴講申し込みは、青山ブックセンターWEBサイトのオンライン受付、または同店店頭まで。

問い合わせは、青山ブックセンター本店(東京都渋谷区神宮前5―53―67 コスモス青山ガーデンフロアB2F TEL:03・5485・5511/10時~22時)
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
学問・人文 > 社会学関連記事
社会学の関連記事をもっと見る >