ドキュメンタリー映画「太陽がほしい」上映会|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年10月19日 / 新聞掲載日:2018年10月19日(第3261号)

ドキュメンタリー映画「太陽がほしい」上映会

このエントリーをはてなブックマークに追加
★ドキュメンタリー映画「太陽がほしい」上映会 

10月27日(土)、15時~(受付開始14時40分)、専修大学神田キャンパス(東京都千代田区神田神保町3―8)1号館301教室で。*入場無料(事前申し込み不要・定員200名)

班忠義監督作品「太陽がほしい」の上映会。本作は日中戦争期に日本軍兵士に性的暴力をうけた女性たちを20年にわたり取材した歴史的に貴重な作品で、今年、アムステルダムフイルムメーカー国際映画祭で外国語ドキュメンタリー最優秀作品賞を受賞したほか、数々の賞を受賞。上映後には監督自らが登壇し作品解説を行う。会の進行は専修大学教授土屋昌明が担当。

問い合わせは専修大学土屋昌明研究室、メール:tuwuchangming@yahoo.co.jpまで。
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
芸術・娯楽 > 映画関連記事
映画の関連記事をもっと見る >