キリスト教本屋大賞2018|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2018年10月19日 / 新聞掲載日:2018年10月19日(第3261号)

キリスト教本屋大賞2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教本屋大賞2018の大賞が決定した。同賞は、2017年1月~12月に出版されたキリスト教書の中から、全国のキリスト教書店員の投票により大賞が選出されるもの。

【大賞】※読者が選ぶ「いいね!」大賞W受賞!

▽片柳弘史著『こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366』(教文館)

*順位は次の通り。

第2位『主日礼拝の祈り』(日本キリスト教団出版局)、第3位『いのちの水』(新教出版社)、第4位『聖書を読んだ30人』(日本聖書協会)、第5位『花の詩画集 足で歩いた頃のこと』(偕成社)、第6位『地図で学ぶ 宗教改革』、第7位『はじまりは愛着から』(福音館書店)、第8位『広げて見る 聖書・キリスト教歴史年表』(いのちのことば社)、第9位『聖書は何と語っているでしょう』(ヨベル)、第10位『ポップカルチャーを哲学する』(新教出版社)、第11位『神父さま、なぜ日本に?』(女子パウロ会)
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
宗教 > キリスト教関連記事
キリスト教の関連記事をもっと見る >