岸政彦×藤井誠二=対談  沖縄からの問いかけ  岸政彦『はじめての沖縄』(新曜社)/藤井誠二『沖縄アンダーグラウンド』(講談社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年10月19日 / 新聞掲載日:2018年10月19日(第3261号)

岸政彦×藤井誠二=対談
沖縄からの問いかけ
岸政彦『はじめての沖縄』(新曜社)/藤井誠二『沖縄アンダーグラウンド』(講談社)

このエントリーをはてなブックマークに追加
第7回
■なぜ内地の人間が書くのか

岸 
 やっぱり僕ら自身の問題として、どれだけ沖縄にコミットして正面から向き合ってきたのか、そのことをものすごく思うんです。詳しくなればなるほど何も言えなくなって、ディテールを並べるしかなくなる瞬間がある。関われば関わるほど、書くべきことが少なくなっていく。
藤井 
 僕なんか典型的で、僕は割と淡々と書く方だと思ってるんですけど、やはり何らかのノスタルジー的な思いというのは必ず出ちゃう。それを書き手がどのくらい出すかというのは人それぞれですが、僕は今回はとにかく現実を箇条書きしてもいいくらいだと思ったんです。この本の反響で一番大きいのは、こういう歴史を知らなかったという感想で年齢を問わず一番多い。あと聞こえてくるのは、何で内地の人間が書くのかという、ちょっとネガティブな言われ方ね。
岸 
 それはよく言われます。さっき箇条書きと言ったのは本当にそうで、俺も『街の人生』(勁草書房)ではそのまま並べるしかなかった。
藤井 
 僕らはノンフィクションだからどこかでエンターテイメント化しなければいけないし、人の語りを文脈の中に落とし込まなきゃならない。そこに自分の感情とかいろんなものが当然出てくるんだけど、極端なことを言うと現実を淡々と並べただけでもいいなっていう思いが取材途中で出てきた。さっきの内地の人間がなぜ書くのかといったことでも、沖縄の人間が書くべきだとか、内地から来ていろいろ評価するのはこりごりだみたいなことも言われている。
岸 
 それは本質的なところがあって、ナイチャーが何で書けるのかなっていうのを、二〇年間ずっと考えている。でもそれはすごく大事なことだから、決して開き直ったらあかんと思うんです。この『はじめての沖縄』という本は、その一つのリプライのつもりなんです。
藤井 
 この取材だけじゃなく沖縄でいろんな活動に関わっていたり、事件取材をやっているとところどころで、昔でいう「くされナイチャー」的なことを言われるわけです。必ず風当たりはある。この本はたまたまチャンスがあって書けたけど、出した後でも外から来やがってみたいな、地元のことは自分たちでやるよみたいなことも言われる。だけど僕は基本的にそのネタを掴んだらやるというスタンスなので、あまりそのへんはジメジメ考えないんです。
岸 
 僕は長年何も書けなかった時期があって、最初の『同化と他者化 戦後沖縄の本土就職者たち』(ナカニシヤ出版)という本は、博士論文を書き直したものですが、出すまでに十年かかったんです。ただ背中を押してくれたこともあって、語り手の方から出版されるのを楽しみにしてるという手紙をもらったり、沖縄から内地への本土就職に関して、沖縄の人でも誰も知らないような貴重な資料を膨大に集めたり。それによって書く義務が生じたというふうに感じたんです。何かの資格をクリアしたから書いてもOK、ということは一切思っていなくて、何らかの書く義務、負債、借金を背負うという感じになる。二五年もかかわってくる中で、どうしても「書かざるを得ない」感じになってくる。ただ、僕だけじゃなくて、ここ数年、沖縄について書かれるものがずいぶん良い方向に変わってきたと思う。沖縄だけじゃなくて、社会学全体が変わりつつある。僕とか北田暁大さんがいろんなことを言って、雰囲気を変えてきたつもりです。昨年は上間陽子さんの『裸足で逃げる』(太田出版)も出て、打越正行さんもこれから単著を出します。今、上間さんと打越さん、それから上原健太郎さんと一緒に沖縄の階層格差の本を作っています。そういう「現場系」の本が、これからも出てくる。僕が呼びかけて、今年から「沖縄社会学会」というのを立ち上げました。それは実証的な研究の場なんですが、第一回研究会に一〇〇人ぐらい集まったんです。そこからも、沖縄をめぐる新しい語り方の本が出てくると期待してます。
1 2 3 4 5 6 8
この記事の中でご紹介した本
沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち/講談社
沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち
著 者:藤井 誠二
出版社:講談社
以下のオンライン書店でご購入できます
はじめての沖縄/新曜社
はじめての沖縄
著 者:岸 政彦
出版社:新曜社
以下のオンライン書店でご購入できます
「はじめての沖縄」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
岸 政彦 氏の関連記事
藤井 誠二 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
社会・政治 > 社会全般関連記事
社会全般の関連記事をもっと見る >