【横尾 忠則】稔侍さんと「健さん」の話 描く快感、怠ける快感|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

日常の向こう側ぼくの内側
更新日:2018年10月23日 / 新聞掲載日:2018年10月19日(第3261号)

稔侍さんと「健さん」の話 描く快感、怠ける快感

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.9
 「ビッグコミック」が50周年を迎えた記念インタビューの依頼。「ビッグコミック」は油絵具の筆拭きに使っているだけで読まない、と断るが、創刊当時、「本誌にカラーでザ・タイガースが老人になって蓮の花の温泉に入った絵を描いてもらった」とその絵を見せられるが、マンガは普段から読まないので、「話すことがない」と再び断るが、そんな話でいいと執拗に迫られている内に、そーいえば、白井編集長時代にぼくの見る夢をマンガにして欲しいと、毎年2回位やってきて頼まれたことがあった、といつの間にかズルズル取材を受けていた。

野上照代さんからのうなぎのお礼のFAXの返事のFAXには、吉永小百合、仲代達矢、佐藤愛子、京マチ子さんたちも「元気になった」と言う保証つきのうなぎだから「安心して!」と、さすが大物に顔の広い野上さんだ。

アトリエにて小林稔侍さんと(撮影・徳永明美)
2018.10.10
 運動不足だろうか、歩くと息切れがする。睡眠不足気味のせいもあると思う。自転車移動が多いので歩くことがない。それと大作を描かないのも疲労の原因だろう。大作は気持が張るので生体エネルギーが活性化する。絵描きさんは絵を描いてこそ健康なんだ。健康で長生きしたきゃ絵を描くのが一番だと思いながら、悪魔のように同時に怠け心が誘惑する。デュシャンなんかは一点の作品を5年も、最後の「遺作」などは20年も時間を掛ける。かと思うとピカソやピカビアは一点の絵はだいたい一日で、または数時間で仕上げる。ぼくはその「どっち派」でもあるが、やっぱり怠ける快感も描く快感に負けないよなあ。80代はやっぱり、怠け怠けしながら生きていくのが肉体に忠実じゃないかな。

午後、小林稔侍さん来訪。「家族はつらいよ」に代って「寅さん」の撮影に入るので東宝スタジオで稔侍さんに会う機会がなくなるので、アトリエに招く。話題は「健さん」一色。稔侍さんはいつも健さんと一緒だったので、健さんの面白い話のストックはいくらでもある。健さんの話を聞きながら、「生きるとは? 人生とは?」を考えてしまった。

夜、朝日の書評委員会に出席するが、唾を飲み込んだだけで首のリンパ腺と耳の奥が痛いので、「風邪?」と思って葛根湯を飲んだり、手の平を擦って首を温めたりするが一向に改善しない。明日は病院行きだと覚悟して、サロンパスを首に貼って寝る。

2018.10.11
 すると、朝、唾を飲み込んでも痛くない。就寝中に完治してしまっているので病院は不要なり。

午後、テレビ(題名は内緒にして欲しいと)で制作中を撮影。仕上げが滞っていたが、撮影を利用して完成させる。

イギリスのペンギンブックスが、三島由紀夫の「スタア」に続いて、「命売ります」の装幀の依頼。今後も三島シリーズでは装幀のコラボのオファーも。

アトリエにてNHKの番組収録(撮影・徳永明美)
2018.10.12
 午前中、藤森先生のはり治療を受ける。

午後、神戸から山本さん林さんが次回展の「公開制作」展の出品作品のリストと会期中の公開制作の日程の打合せに。公開制作を美術館で始めた最初の画家は多分ぼくだと思うが、それ以前に草月会館でラウシェンバーグがハプニングとして行っている。もっと遡れば北斎が神社の境内で巨大なダルマの絵を描いた記録が残っている。

2018.10.13
 〈高校3年の一学期を迎える前に高校を中退することになった〉夢は過去に何度も何度も見ている。昨夜も同じ夢を見て目が覚めるが、この夢の回数がここまで多いと、ぼくは本当に中退したのかなあ、と半覚醒状態の中で想いをめぐらす。

さあ、今日は何をするべえか? と考える日がある。ウィークデイは大抵誰かに会うことが多いが、今日のような休日になると不思議に誰かに無性に会いたくなる。人に会わないための休日なのにこれじゃ休息にならないではないか。でもぼくにとっての休息は人に会っている時がそうだとも言える。そんなわけで神戸屋の近くの神津さんを誘って神戸屋へ。神津さんの話題はいつも音楽だがぼくは業界以外の人とは美術の話をすることはほとんどない。

アトリエに戻って、小一時間ばかり昼寝。夕方まで書評対象の本を読む。

夜、ベッドの中で書評を一本書く。

2018.10.14
 加齢と共に野心が無くなると、何かにつけ、努力はしなくなる。欲、得も無くなる。生活もボンヤリしてくる。これが鬱の始まりだと日野原重明先生はおっしゃるが、別に鬱になっているとは思えない。こんな状態でこの間から描いていた昔のレプリカの絵は、われながら気に入っている。サラッと描けた絵だけれど新鮮だ。いつも描き上ると見たくないのに、この絵だけは見て飽きない。

夕方、はりとマッサージのW治療。
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >