日本アメリカ文学会賞 『多文化アメリカの萌芽』 第3回 (彩流社) 受賞|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2018年10月26日 / 新聞掲載日:2018年10月26日(第3262号)

日本アメリカ文学会賞 『多文化アメリカの萌芽』 第3回 (彩流社) 受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
左から、水野尚之氏、里内克巳氏、長畑明利氏
10月6日、「第3回日本アメリカ文学会賞」の授賞式が行われ、世紀転換期の多彩な書き手たちに着目した、里内克巳著『多文化アメリカの萌芽 19~20世紀転換期文学における人種・性・階級』(彩流社)が受賞した。

授賞式は同日開催の日本アメリカ文学会第57回全国大会(於=実践女子大学・渋谷キャンパス)開会式で行われ、日本アメリカ文学会編集委員長・長畑明利氏の選考結果発表と講評の後、日本アメリカ文学会会長・水野尚之氏により賞状とトロフィーが授与された。
同大会初日終了後の研究発表者や学会員、出版社らを交えての懇親会のスピーチでは里内氏も登壇し、「百年以上前のアメリカに生きた人たちの著作・作品と上手に巡り合うことができなければ、到底書き得ませんでした。取り上げた作品はどれもユニークで、今の時代に届く力強い〈声〉を持っています。それらへの関心が高まってくれるきっかけになればと思っています」と受賞の喜びを語った。
この記事の中でご紹介した本
多文化アメリカの萌芽 19~20世紀転換期文学における人種・性・階級/彩流社
多文化アメリカの萌芽 19~20世紀転換期文学における人種・性・階級
著 者:里内 克巳
出版社:彩流社
以下のオンライン書店でご購入できます
「多文化アメリカの萌芽 19~20世紀転換期文学における人種・性・階級」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 世界文学関連記事
世界文学の関連記事をもっと見る >