間村俊一装幀展「ボヴァリー夫人の庭」『彼方の本 間村俊一の仕事』(筑摩書房)刊行記念|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年10月26日 / 新聞掲載日:2018年10月26日(第3262号)

間村俊一装幀展「ボヴァリー夫人の庭」『彼方の本 間村俊一の仕事』(筑摩書房)刊行記念

このエントリーをはてなブックマークに追加
★間村俊一装幀展「ボヴァリー夫人の庭」『彼方の本 間村俊一の仕事』(筑摩書房)刊行記念

11月2日(金)~11日(日)14時~20時、根岸そら塾(台東区根岸3―13―25)  

【記念イヴェント】(各回+間村俊一、三つ巴バトルトーク、各回2000円*飲み物付き、定員30名)

▽11月5日(月)19時~「あゝ浅草、あゝ浪曲、あゝ装幀」出演=福島泰樹(歌人)×玉川奈々福(浪曲師)

▽11月6日(火)19時~「ポテトサラダとカツサンド」出演=平松洋子(エッセイスト)×堀江敏幸(小説家)

▽11月7日(水)17時~「俳句と装幀の狭間で」出演=高橋睦郎(詩人)×小澤實(俳人)

▽11月9日(金)19時~
「蝶類図鑑あるいは5番電車に飛び乗って」出演=佐々木幹郎(詩人)×平田俊子(詩人)

問い合わせは、「そら塾」
(noirmam@sepia.ocn.ne.jp)
http://sorajyuku.ciao.jp

■間村俊一著『彼方の本 間村俊一の仕事』(筑摩書房、11月上旬刊行)
(A5判上製カバー装、192頁、本体4700円)
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
ビジネス・経済 > 出版関連記事
出版の関連記事をもっと見る >