【横尾 忠則】死んだはずのチビ黒が。 「幻の名作」と記憶の蔵|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

日常の向こう側ぼくの内側
更新日:2018年10月30日 / 新聞掲載日:2018年10月26日(第3262号)

死んだはずのチビ黒が。 「幻の名作」と記憶の蔵

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.15
 6時起床。8時迎車。新横浜駅へ。

神戸のY+T・MOCAで、あるテレビ局の取材。番組名も出演者も内容も11月の正式発表があるまで秘密だという。秘密にするような番組なんですかね。最近どこのテレビ局も同じようなことを言う。

新神戸駅で美術館の分館長田中さんと平林さんが待機。美術館の近くの水道通りの商店街にあるうどん屋へ。うどんはやっぱり関西だ。そばは関東でしょう。

対談相手の方はすでに美術館に到着されているが、その方をぼくが美術館で待機するという設定なので、ぼくが入館すると同時に、鉢合せをしないように、その方は裏からこっそり外に廻って、外から入館するという実にやゝこしいやらせ演出をするものだ。もうこのことだけで疲れてしまう。対談の内容などは当然書いちゃいけない。こういうことばかり考えて仕事をしている人達は人を信じない生き方を選ぶようになりませんかね。

2018.10.16
 朝までコマ切れに何度も目が覚める。神戸港の海までが紅色に染まった朝焼けはムンクの「叫び」のドキュメント版。

午前中、観客を前に、展示作品一点一点に「よくできました」とか「努力を要す」とか「もっときれいに描きましょう」と書いた教材用のスタンプを作品の側の壁に押すミニ公開制作を抜き打ち的に行う。

帰りの新幹線の中から望んだ富士山は空も風景も灰色に煙った中から朦朧体絵画のようにもっさり全貌を現している、こんな富士山は初めて見る。

帰宅すると野良のチビ黒が「死んだ」と妻が半泣き。最後のお別れに力を絞って挨拶に来て、そのまま2日間姿を現さないという。チビ黒はいつも妻と無言の交信をしているので妻の直感で「死んだ」と判断したらしい。

2018.10.17
 ぼくはまだチビ黒は生きているような気がして、ベッドルームの窓からしばらく裏庭にその姿を探す。玄関にはチビ黒の友達のオオ黒がいたので、彼に「チビ黒を連れてらっしゃい」と語りかける。

はり治療の反応が出たのか、治療以後疲れが激しいので、今日の施術を中止。

帰宅すると妻が何やら大声で手をパチパチ叩きながら泣き笑いで叫んでいるが難聴なのでさっぱりわからないが、どうやら死んだはずの「チビ黒が来たのよ」と言っている。やっぱり死んでいなかったんだよ。ついこの間、しっかりした足取りで玄関のメダカの甕の水を飲んでいたのを見たからね。でも何も食べなかったと言う。

アトリエにて角田晃一先生と(撮影・徳永明美)
2018.10.18
 おでんが一昨日獲ってきたネズミがまだ寝室のどこかにいるらしい。こんなネズミ部屋で一晩共にしたかと思うと寝ていても落ちつかなかった。

上野さんが作品の撮影に。

国立病院機構東京医療センターの耳鼻科の角田晃一先生が『声をキレイにすると超健康になる』(すばる舎)という新刊ができたので届けたいとアトリエに来られる。角田先生は声の研究家で有名な医師。歌手や俳優の声の相談相手でもある。

どうやら寝室にまだネズミが隠れているらしい。おでんが探し廻っている。

2018.10.19
 共同通信が元旦の新聞用にと、創造と老齢についてのインタビューを求められる。2時間ばかり話すが、1頁紙面なので結構文章の分量も多くなるようだ。

午後、ピカビアのヤッさんの紹介でめぐみデンタルクリニックに行く。噂通りの美人揃いで安心。具合い悪い歯以外にも虫歯症候群などもこの際治療しましょうと。歯の寿命が肉体寿命より長い場合は、別に治療の必要はないはずだ。子供の頃から歯医者に縁がないので、額から汗が流れるほど緊張する。

gggギンザ・グラフィック・ギャラリーでの「幻花」挿絵展が明日最終日。入場者1万人突破のお祝いに夕方から銀座の星福で祝杯を上げる。

2018.10.20
 昨夜の薬膳の効能か、朝まで一度も目が覚めず爆睡。こういう日は年に一度あるかないかの奇跡。

今日は「幻花」展の最終日だから「雨降るな!」と念じるが、夕方、マッサージをしている間に降ったようだ。

2018.10.21
 好天。アトリエのバルコニーで日光浴をしながら読んだり書いたり。今日の日曜日は静養。夏の酷暑の疲弊がたまっているのだろうか。躰が自由でない時に限って絵の構想が次々湧き起こる。雑念の去来みたいに次々通り過ぎていくので、メモで記録しとかなくっちゃ。往々にしてこういうインスピレーションに限って作品化したものは少ない。これを「幻の名作」と呼んでいる。またこの「幻の名作」が記憶の蔵にコレクションされなきゃ、作品も生まれません。

午後、野川のビジターセンターのテラスで読書。

夕方、ピカビアでシャンプー。

gggの「幻花」展の最終日には1010名、累計12420名との報告あり。
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >