尾崎放哉記念館・資料館|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年10月26日 / 新聞掲載日:2018年10月26日(第3262号)

尾崎放哉記念館・資料館

このエントリーをはてなブックマークに追加
尾崎放哉記念館・資料館

同じく、自由律俳句の代表的俳人である放哉が、大正十四年に辿りつき、翌年その生涯を終えた小豆島にある当館は、放哉の暮した建物を再現、未発表句稿や書簡、直筆短冊や写真等を常設展示。資料館には師である荻原井泉水に寄せた句や手紙類を中心に、碧梧桐の直筆短冊、井上一二などの作品を収載。井泉水が朱を入れて手直しした跡など、放哉全集にも掲載されていない資料も持つ。
▼開館:九時~十七時
▼休館:水曜(12/28~1/4)
▼一般:二一〇円(資料館と共通)
▼住所:香川県小豆郡土庄町本町甲一〇八二(問合TEL:〇八七九―六二―〇二三八)
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >