的場昭弘×白井 聡 レーニンマルクスNight☆ 『カール・マルクス入門』、『新装版 新訳 共産党宣言』(作品社)同時発売記念|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年11月2日 / 新聞掲載日:2018年11月2日(第3263号)

的場昭弘×白井 聡
レーニンマルクスNight☆
『カール・マルクス入門』、『新装版 新訳 共産党宣言』(作品社)同時発売記念

このエントリーをはてなブックマークに追加
作品社から、的場昭弘著『カール・マルクス入門』『新装版 新訳 共産党宣言―初版ブルクハルト版(1848年)―』という、マルクスにまつわる二冊が上梓された。これを記念して十月六日、イベントスペース「読書人隣り」で、著者でマルクス経済学者の的場昭弘氏と思想史家の白井聡氏によるトークイベントが開催された。ロシア革命より一〇一年、『資本論』より一五一年、そしてマルクス生誕二〇〇年の今年は、映画「マルクス・エンゲルス」の公開など、人間・マルクスと『共産党宣言』『資本論』を再評価、検証する動きが活発になっている。

マルクス学の提唱者として研究書から啓蒙書まで多くの著書のある的場氏、若手の論客として活躍し、『増補新版 「物質」の蜂起を目指して レーニン、〈力〉の思想』(作品社)をはじめ、『国体論』など旺盛な執筆活動を展開する白井氏のお二人が、レーニンとマルクスの思想を語り合った。(編集部)
第1回
新しい文体を発明していくこと

東 浩紀氏
――『テーマパーク化する地球』(ゲンロン)を本当に面白く読んだのですが、まず驚くのが読みやすさでした。エッセイのお手本のような評論集だと思いました。中身に入っていく前に東浩紀さんのエクリチュールの問題についてお伺いしたいのですが、いわゆる思想系の若手が使いがちなジャーゴンが一切使われていないにもかかわらず、東さんの思弁的な部分というのがよくあらわれています。たとえば『現代思想』に載っていそうなジャーゴンを使いまくった文章も東さんは書こうと思えば書ける。でもそれをせずに平易な言葉で読ませるというのが東さんの文章の特徴だと思いました。
東 
 難しい言葉を使っている人たちも、構造的に取り出せば大したことは言っていない。人間は頭で考えるときに、そんなに専門用語を使っているわけではない。小難しい言葉をやたらと使う現代思想や批評の文体というのは、要は読者を限定するために使われているんです。そういう文章では届く人は限られているので、僕としてはしたくない。つまり、想定読者が違うということだと思います。『現代思想』や『ユリイカ』さんは、想定読者として研究者や大学院生を念頭に置いているのだと思います。その人たちには、難しい言葉を使ったり註をたくさん付けてアピールしないと読んでもらえない。でも自分の本は、決してアカデミズムの狭い世界で閉じたものにしたくない。実際、読者には会社員の方が少なくありません。だから、今回の本は読みやすくしました。あまり歯ごたえがないように感じる人もいるかもしれませんが、僕としてはそういう人には逆に読んでもらえなくていいかなと思っています。

――それはいつ頃から、そう思うようになったのでしょうか。
東 
 ゲンロンという会社を運営し、大学関係者だけでなくいろいろな人たちに会う中で自然にそうなっていった感じですね。これは、哲学や批評って誰のものなんだという問題でもあります。哲学や批評の本来的な在り方を僕なりに考えてみるうちに、難しい言葉を使ってそれらを自分たちのものにしている人々とは相容れないことに気づいたんです。

今回の本は、メルマガとかいろんなところに書いた文章を集めたものですが、すべていちど書き直しているので文体は統一されています。今の僕の基準で綺麗に分かりやすく読めるように手を入れている。逆にこうやって読み返すと、『ゆるく考える』(河出書房新社)の第二章——十年くらい前の『文學界』の連載をまとめたもの——と現在では、僕自身が思考だけでなく文体レベルで大きく変わっていることがわかります。文章については、自分ではうまくなっていると感じています。ゲンロンの仕事では、自分の評論というよりも巻頭言や紹介を書くことばかりしていたので、そこで鍛えられたところもあると思います。これは最近よく言っていることなのですが、哲学をやるということは新しい文体を発明することでもある。それを意識的に実践していったら、現在のような文章にたどり着きました。

――「ゲンロンβ」VOL・38でも、哲学の中に閉じこもらない文体、新しい文体をこれからは作っていかなきゃならないんだということを仰っていました。
東 
 その試みについては、とくに、これから出る『ゲンロン10』に寄せた巻頭論文を読んでいただけば分かると思います。僕がこれから、どういう文体で何をテーマとして扱おうとしているのかが、はっきり分かると思います。『テーマパーク化する地球』は、新しいステージのための準備のような本です。
2 3 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
カール・マルクス入門/作品社
カール・マルクス入門
著 者:的場 昭弘
出版社:作品社
以下のオンライン書店でご購入できます
共産党宣言初版ブルクハルト版(1848年)/作品社
共産党宣言初版ブルクハルト版(1848年)
著 者:的場 昭弘
出版社:作品社
以下のオンライン書店でご購入できます
国体論 菊と星条旗/集英社
国体論 菊と星条旗
著 者:白井 聡
出版社:集英社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
的場 昭弘 氏の関連記事
白井 聡 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 経済学関連記事
経済学の関連記事をもっと見る >