的場昭弘×白井 聡 レーニンマルクスNight☆ 『カール・マルクス入門』、『新装版 新訳 共産党宣言』(作品社)同時発売記念|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年11月2日 / 新聞掲載日:2018年11月2日(第3263号)

的場昭弘×白井 聡
レーニンマルクスNight☆
『カール・マルクス入門』、『新装版 新訳 共産党宣言』(作品社)同時発売記念

このエントリーをはてなブックマークに追加
作品社から、的場昭弘著『カール・マルクス入門』『新装版 新訳 共産党宣言―初版ブルクハルト版(1848年)―』という、マルクスにまつわる二冊が上梓された。これを記念して十月六日、イベントスペース「読書人隣り」で、著者でマルクス経済学者の的場昭弘氏と思想史家の白井聡氏によるトークイベントが開催された。ロシア革命より一〇一年、『資本論』より一五一年、そしてマルクス生誕二〇〇年の今年は、映画「マルクス・エンゲルス」の公開など、人間・マルクスと『共産党宣言』『資本論』を再評価、検証する動きが活発になっている。

マルクス学の提唱者として研究書から啓蒙書まで多くの著書のある的場氏、若手の論客として活躍し、『増補新版 「物質」の蜂起を目指して レーニン、〈力〉の思想』(作品社)をはじめ、『国体論』など旺盛な執筆活動を展開する白井氏のお二人が、レーニンとマルクスの思想を語り合った。(編集部)
第1回
☆マルクス生誕二〇〇年





的場 昭弘氏
的場 
 白井さんとは以前にも何度かこういう場所で話をしています。今年はマルクス生誕二〇〇年で、生誕一五〇年の一九六八年はマルクスブームで学生運動が華やかなりし頃でした。それから半世紀、まさかこんなに衰退した状況になるとは想像もつかなかった。マルクス生誕二〇〇年の現在、状況はまったく変わりました。

カール・マルクスの生まれたのはトリーアというドイツ西部の町で、ルクセンブルグに近い場所ですが、最近そこに行ってまいりました。マルクスは町の売り物として客寄せに使われていて、博物館ではみんなマルクスの展示をして、世界各地からたくさんの観光客が訪れて大変賑わっておりました。と同時にドイツではここ数年新たにマルクス関連の本が刊行されていて、冊数にしたら三〇冊くらい。伝記も十数冊出ていて、それなりに頑張っています。

もう一つ、ドイツ東部にケムニッツという、旧東ドイツ時代にはカール=マルクス=シュタットと呼ばれていた町があって、九月にそこで大きな騒ぎがありました。移民労働者がドイツ人の若者を殺害した。これに怒ったドイツ人たちが移民排斥を訴え、それを見たドイツ各地の極右勢力がここに集まって大デモンストレーションを行なったんです。さらに、それを見た左翼勢力がドイツ中から集まる事態となって、一気にここで左右の対決が生まれた。この移民排斥問題が右翼に大きな力をもたらしているのですが、メルケル政権のキリスト教民主同盟(CDU)とドイツ社会民主党(SPD)の移民政策が、どうやらドイツの中でかなり窮地に陥っているようです。最近の世論調査も含めてそうなのですが、移民排斥を掲げる政党が伸びていて、これは決してドイツだけではなく、ポーランドやハンガリー、フランスやスウェーデンでもかなり伸びていて、さらにはアメリカでも反移民という人が多い。
2 3 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
カール・マルクス入門/作品社
カール・マルクス入門
著 者:的場 昭弘
出版社:作品社
以下のオンライン書店でご購入できます
共産党宣言初版ブルクハルト版(1848年)/作品社
共産党宣言初版ブルクハルト版(1848年)
著 者:的場 昭弘
出版社:作品社
以下のオンライン書店でご購入できます
国体論 菊と星条旗/集英社
国体論 菊と星条旗
著 者:白井 聡
出版社:集英社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
的場 昭弘 氏の関連記事
白井 聡 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 経済学関連記事
経済学の関連記事をもっと見る >