文京区・小石川「Pebbles Books」9月15日OPEN|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

スポットライト
更新日:2018年11月9日 / 新聞掲載日:2018年11月9日(第3264号)

文京区・小石川「Pebbles Books」9月15日OPEN

このエントリーをはてなブックマークに追加
雑貨屋さんのディスプレイ・ウィンドウのような大きなガラス窓。通りかかる人はみな興味津々に店内を覗き込んでいく
文京区・小石川の閑静な住宅地に、二階建ての小さな書店「Pebbles Books(ペブルズ・ブックス)」がオープンした。店長は久禮亮太さん。1階には久禮さんが新刊既刊のあらゆるジャンルからセレクトした、書店の顔となる大きな平台。急な階段を上がった2階には哲学、芸術、ビジネスなどジャンルごとにじっくり選びたい書籍が並ぶ。棚を眺めているだけで「これ、読みたいと思ってたんだ!」という本が次々に目に入り、なんとも悩ましい……。久禮さんといえば、もともと「あゆみBOOKS小石川店」(2017年3月閉店)の名店長として知られていたが2014年に同社を退社、「久禮書店(KURE BOOKS)」の屋号でフリーランスの書店員として独立した。今回の「Pebbles Books」は、久禮さんが2015年にプロデュースしたブックカフェ「神楽坂モノガタリ」(製本会社・フォーネット社の書店事業)に続く2店目となるが、久禮さんにとっては期せずして土地勘のある小石川で、ふたたび書店を立ち上げたことになる。
「Pebbles Books」 渡辺秀行さん
久禮さんとともに同店のカウンターに立つ、書店員の渡辺秀行さんにお話を伺ったところ、当初思っていたよりも地元住民のお客様が多く、平日は会社帰り、週末は散歩がてらに立ち寄って、本をよく買ってくださるとのこと。池袋や新宿まで出れば大型書店にすぐアクセスできる環境だが、家の近所にこういう本屋さんが欲しかったという声もたくさん寄せられ、嬉しい誤算も感じているそうだ。
1階には絵本や文庫、雑誌も。明るい窓際には椅子も置かれている
 ♠「Pebbles Books」
東京都文京区小石川3―26―12 
TEL:03・5844・6253
営業時間=13時~22時、日曜のみ10時~19時
定休日=毎週火曜・水曜
@Pebbles_Books
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポットライトのその他の記事
スポットライトをもっと見る >
文化・サブカル > 図書館・書店関連記事
図書館・書店の関連記事をもっと見る >