中国ドキュメンタリー映画「たかってでも生きろ」上映会|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年11月16日 / 新聞掲載日:2018年11月16日(第3265号)

中国ドキュメンタリー映画「たかってでも生きろ」上映会

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国ドキュメンタリー映画「たかってでも生きろ」上映会  
11月24日( 土)、上映15時〜16時半、
専修大学神田キャンパス1号館301教室( 東京都千代田区神田神保町3―8) で。
* 入場無料( 事前申し込み不要・定員200名) 
陳為軍監督作品「たかってでも生きろ」の上映会。本作は中国河北省でエイズ集団感染した家族を訪ねて、いま苦しんでいるありさまと生活について取材したドキュメンタリー。当局による事実の隠匿、報道規制のため独立映画監督が私的に現地で撮影した、日本でもほとんど公開されたことのない希少なフィルムを上映。会の進行は専修大学教授・土屋昌明氏が担当。 
問い合わせは専修大学・土屋昌明研究室、メール:tuwuchangming@yahoo.co.jpまで。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
社会・政治 > 海外事情関連記事
海外事情の関連記事をもっと見る >