第三回須賀敦子翻訳賞|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2018年11月16日 / 新聞掲載日:2018年11月16日(第3265号)

第三回須賀敦子翻訳賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
第三回須賀敦子翻訳賞の授賞作が決定した。選考委員は、Silvio Vita、岡田温司、木村榮一、柴田元幸、和田忠彦(委長)の五氏。 
▽上村忠男訳『哲学とはなにか』
(ジョルジョ・アガンベン著、みすず書房) 
授賞式は、12月7日。
この記事の中でご紹介した本
哲学とはなにか /みすず書房
哲学とはなにか
著 者:ジョルジョ・アガンベン
翻訳者:上村 忠男
出版社:みすず書房
以下のオンライン書店でご購入できます
「哲学とはなにか 」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
上村 忠男 氏の関連記事
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究関連記事
評論・文学研究の関連記事をもっと見る >