第12回文芸共和国の会シンポジウム「生が、性が、モノモノしい」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年11月23日 / 新聞掲載日:2018年11月23日(第3266号)

第12回文芸共和国の会シンポジウム「生が、性が、モノモノしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
★第12回文芸共和国の会シンポジウム「生が、性が、モノモノしい」

12月1日(土) 12時~18時、鹿児島大学郡元キャンパス法文学部1号館102号室(鹿児島県鹿児島市郡元1―21―30/☎099・285・7517)
予約不要、無料、途中入退場自由。

▼出演:菅実花(アーティスト)、藤田尚志(フランス哲学)、関根麻里恵(ラブドール研究)、猪口智広(科学論・動物論)

問合せは、太田純貴(鹿児島大学)yota@leh.kagoshima-u.ac.jp

*11月30日(金)19時~21時はプレイベント〈菅実花アーティスト・トーク〉を開催。詳細はWebへ。http://republicofletters.hatenadiary.jp/entry/2018/12/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >