図書館に未来はあるか?   東京経済大学国分寺キャンパス|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

図書館
更新日:2018年11月30日 / 新聞掲載日:2018年11月30日(第3267号)

図書館に未来はあるか?   東京経済大学国分寺キャンパス

このエントリーをはてなブックマークに追加
★特別講演会 韓国図書館視察団を招いて「図書館に未来はあるか? 読書文化の活性化のために」
■講演概要

【講演会1】

12月5日(水)16時半~18時、東京経済大学 国分寺キャンパス 大倉喜八郎 進一層館ホール(東京都国分寺市南町1-7-34)
テーマ1:「韓国図書館の現在と未来 悩みと対応」

▼イ・ヨンフン氏(韓国図書館協会事務総長)※イ・ヨンフン氏は、2012年開館した「ソウル図書館」の初代館長。現在は図書館の振興と相互交流および業務協力のための団体「韓国図書館協議会」の事務総長。

テーマ2:「私たちが知らなかった世界の図書館」

▼チョウ・クムジュ氏(ドゴク情報文化図書館館長)※チョウ・クムジュ氏は、米国ニューヨーク州立大学で文化情報学を学び、米国と韓国の図書館において司書として活動。世界各地の図書館を探訪して著作を刊行。武蔵野美術大図書館など、日本各地の図書館も訪問した。

【講演会2】

12月6日(木)13時~14時半、東京経済大学 国分寺キャンパス6号館F307教室

テーマ:「読書を考える」

▼アン・チャンス氏(「本を読む社会文化財団」常任理事)※アン・チャンス氏は、詩人、翻訳家。図書館設立に尽力し、現在まで12カ所の図書館を開館。

*講演はどなたでも参加可、入場無料、予約不要。

問い合わせは、東京経済大学図書館 
☎042・328・7761
e-mail:library@s.tku.ac.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
図書館のその他の記事
図書館をもっと見る >
文化・サブカル > 図書館・書店関連記事
図書館・書店の関連記事をもっと見る >