小学館 ことわざを知る辞典 書評|北村 孝一(小学館)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

ここを伝えたい!本の編集者より
更新日:2018年12月4日

ことわざは生きるためのヒント!

小学館 ことわざを知る辞典
編者:北村 孝一
出版社:小学館
この本の編集者:松中 健一(小学館出版局)
このエントリーをはてなブックマークに追加
本書は『故事俗信ことわざ大辞典 第二版』(小学館・2012)の監修者・北村孝一さんが、手軽にことわざに触れられる、約1500項目の小辞典として編んだものです。
取り上げた項目は、現代の人の生活実感から離れたことわざは避け、あらためて「なるほど」と思えるようなことわざを多く収録するようにしました。例えば次にあげたことわざは、はじめて目にする人でも、意味を知って納得するかたが多いのではないかと思います。
「合わせ物は離れ物」
「一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲む」
「親子の仲でも金は他人」
「結婚前は目を大きく見開き、結婚したら半分閉じよ」
「自慢高慢馬鹿の内」
「魚は頭から腐る」
「女房の妬くほど亭主もてもせず」
「下手の考え休むに似たり」
また、「孝行のしたい時分に親はなし」はよく知られていますが、類句の「石に布団は着せられず」のような比喩の効いた表現に触れられるのも、ことわざ辞典のおもしろさではないでしょうか。
さらに、この辞典では地方のことわざにも注目しました。「命(ぬち)どぅ宝」(沖縄のことわざ)「天から役目なしに降ろされたものは一つもない」(アイヌのことわざ)など、辞典にはじめて載ることわざもあります。
北村さんが特に注目した100のことわざについては、1ページの大項目で詳しく解説されています。「縁の下の力持ち」の「力持ち」が大きな物を持ち上げる見せ物芸のことだったとか、「灯台もと暗し」の「灯台」は海の灯台ではないなど、意外なエピソードも多く語られています。
この記事の中でご紹介した本
小学館 ことわざを知る辞典/小学館
小学館 ことわざを知る辞典
編者:北村 孝一
出版社:小学館
以下のオンライン書店でご購入できます
「小学館 ことわざを知る辞典」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
松中 健一 氏の関連記事
北村 孝一 氏の関連記事
ここを伝えたい!本の編集者よりのその他の記事
ここを伝えたい!本の編集者よりをもっと見る >
学問・人文 > 辞典・事典関連記事
辞典・事典の関連記事をもっと見る >