椹木野衣・樋口真嗣対談(司会=仲世古佳伸) 特撮のDNAと現代美術 特撮のDNA ―『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで―」展開催を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年12月7日 / 新聞掲載日:2015年12月7日(第3268号)

椹木野衣・樋口真嗣対談(司会=仲世古佳伸)
特撮のDNAと現代美術
特撮のDNA ―『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで―」展開催を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
三度の被爆体験から

椹木 野衣氏
仲世古 
 「特撮のDNA」展に絡めていえば、樋口さんはまさに「特撮のDNA」を受け継ぎ、映画の道に進まれた。しかも樋口さんは平成版『ガメラ』シリーズで、そのDNAを引き受けながらも、特技監督として、これ以上やったら限界だというところまで現場を追い込んだもの凄いシーンをつくられている。あれを見た時、僕は今までの特撮映画では体験したことのないようなカタルシスを感じました。一方で、映画とは別のジャンルで仕事をしている人の中にも、椹木さんや同世代の美術家も含めて、あの頃夢中になった特撮体験が根っこにあって、それがDNAとして継承されているのではないか。僕も、この何年間のアート作品を見ていて、それを強く感じます。

少し具体的な話をしていきたいんですけれども、最初に『シン・ゴジラ』と椹木さんの新しい本について触れました。僕の中では、樋口さんが作られた『シン・ゴジラ』の世界観と椹木さんの批評的視点が、見事にかぶさっているように思えるんですね。どういうことか。『シン・ゴジラ』の最後、ゴジラが凍結作戦で固まって、遠目に突っ立っているカットがありますよね。あのシーンを見た時、今の日本を象徴するモニュメントのように見えたんです。椹木さんの言葉を借りれば「廃品」の象徴、あるいは『震美術論』には、次のような表現もあります。「何度でも回帰し、反復し、忘却することさえ可能な複数性=集合性を帯びた呼吸する「ものもの」」。あのゴジラの姿は、そういう風にも見える。映画のワンシーンとわかっていながらも、どこかで現在の日本の、いや日本列島のリアリティを突きつけて迫ってくる。その意味でも、『シン・ゴジラ』という作品は極めて今日的な映画だと思っています。椹木さんは、この映画を、どのようにご覧になりましたか。
椹木 
 まず、オリジナルの『ゴジラ』が一九五四年公開ですよね。僕が生まれる以前のことですから、当然、後になって見ている。シリーズやリメイク版も国内外であって、折ごとに見てきましたが、元の『ゴジラ』と『シン・ゴジラ』の持つ意味が別格的に大きいと思うんです。この二作のあいだにだけ、日本の歴史に深く関わるような共通の問題が横たわっているからです。よく知られたように、『ゴジラ』は、マーシャル諸島のビキニ環礁で行われたアメリカの水爆実験で被曝した第五福竜丸の事件に着想を得ている。日本にとっては広島・長崎につぐ三度目の被曝であり、死者も出ています。ところが一九五一年まではプレスコードがあって、「新型爆弾」の実態は知られていなかった。第五福竜丸の事件で、放射能の恐ろしさが初めて伝わるようになった。当時の原水爆反対運動は、杉並の主婦がはじめたという話があります。子どもがいて、食卓も預かる家庭の主婦たちが身近に感じた恐怖が、そうした運動に繋がっていった。日本の中にも、核に対する切迫感があったからこそ、三月に事件が起こったその年の十一月に、『ゴジラ』は公開されている。何といっても、核の恐怖・放射能の恐怖があり、それがゴジラという怪物に昇華されていった。

日本における反原水爆運動の広がりは、イコール反米の機運に繋がっていったと考えていいと思います。アメリカは加害者の側ですからね。そこでひとつの政策として、原子力の平和利用が打ち出される。
1 3 4 5 6
このエントリーをはてなブックマークに追加
樋口 真嗣 氏の関連記事
椹木 野衣 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術関連記事
美術の関連記事をもっと見る >