椹木野衣・樋口真嗣対談(司会=仲世古佳伸) 特撮のDNAと現代美術 特撮のDNA ―『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで―」展開催を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年12月7日 / 新聞掲載日:2015年12月7日(第3268号)

椹木野衣・樋口真嗣対談(司会=仲世古佳伸)
特撮のDNAと現代美術
特撮のDNA ―『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで―」展開催を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回
怪獣から宇宙人へ

仲世古 佳伸氏
仲世古 
 ところで、話は変わりますが、椹木さんは『ウルトラセブン』は見ていましたか。
椹木 
 『セブン』を見ていた頃、家のテレビが、白黒からカラーになったことを覚えています。カラーになって初めて見たのが、アイアンロックスの回だった。最後にアイアンロックスが炎上して、それが驚くほど綺麗だったというのが、カラーテレビの原体験です。光学的なフィルムでないと、ああいう鮮やかさは出ないでしょうね。
樋口 
 これは作り手になってから感じることですが、『ウルトラマン』にせよ『セブン』にせよ、あの頃の無邪気な暴力性ってなんなのか。八つ裂き光輪なんて、八つ裂きにされて、首が刎ねられますからね(笑)。今だったら、絶対に放映できない。
椹木 
 八つ裂き光輪もスぺシウム光線も、当時の兵器と比べてみても、すでに実弾ではなくビームでしたね。ただ、最新テクノロジーが駆使された物語として考えてみると、全面的に展開されるのは『セブン』でした。兵器も超兵器化しているし、基地も『ウルトラマン』の科学特捜隊のものとは比べ物にならない。そうしたテクノロジーの礼讃が直後の大阪万博にも繋がっているわけですけれど、『セブン』には万博とよく似た未来図がかなり反映されていた。でも、それに対して怪獣は、『ウルトラマン』のドドンゴやアボラス、バニラなどが典型ですが、岡本太郎の縄文土器じゃないけれど、土に埋まっているところを発見される。その点でも、『ウルトラマン』から『セブン』へと移行する段階で、内なる地底怪獣から外からの侵略宇宙人への大きなシフトがあった。外宇宙からの侵略は『ウルトラQ』の頃からすでにあったわけですが、時代精神の移り変わりや、様々な背景の浮上があったんだと思います。
樋口 
 一番大きかったのは、あの段階で、既に怪獣が飽きられはじめていたということだと思います。ふたつの作品のあいだに半年間、『キャプテンウルトラ』という番組があって、怪獣を前面に押し出したんだけれども、そんなに数字がいかなかった。その時に、根本的な企画の見直しが迫られたわけです。そこで参考にされたのが、当時一番視聴率を稼いでいた『サンダーバード』だった。僕は、円谷さんの弟子だった大木淳吉さんについていた時、よく話を聞きました。『セブン』を企画する段階で、『サンダーバード』を強烈に意識したと。
椹木 
 確かに、ウルトラホークの発進の仕方なんかを見ていると、そのことがよくわかりますね。
樋口 
 『サンダーバード』は、物語はほとんどなくて、発進するところだけを延々と見せる。それがひとつの見せ場である異様な作品なんです。そこに子どもたちが魅かれた。円谷さんたちも、こういう面を打ち出さなければ駄目だと思って、イギリスまで視察にいっている。だから、サンダーバード3号とウルトラホーク2号は、ほとんどデザインが一緒ですからね。垂直発車式のロケットです。純粋な創作ではない部分がある。むしろ経済原則に則って成り立っているところがあって、逆に僕なんかは、すごく親しみがわくんですよ。
1 2 3 5 6
このエントリーをはてなブックマークに追加
樋口 真嗣 氏の関連記事
椹木 野衣 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術関連記事
美術の関連記事をもっと見る >