【横尾 忠則】猫の礼節。テレビが 伝えるメッセージ?|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

日常の向こう側ぼくの内側
更新日:2018年12月11日 / 新聞掲載日:2018年12月7日(第3268号)

猫の礼節。テレビが 伝えるメッセージ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.26
 〈ボクハバリーノピーター・パンニナツテ、他ノ人ハスウィフトノガリヴァーニナッタリ、キャロルノアリスニナツテ不思議ノ国トカ、バーネットノ秘密ノ花園トカ、ヴェルヌノ驚異ノ世界ニ行ク人ナド、物凄イ数ノ物語ノ主人公ガ台風ノ目ノ空洞ノ中ヲグルグル回転シテイル〉

色んなグッズを作る会社の人がぼくのデザイナー時代の作品をアレンジしたグッズのサンプルを作って持ってくる。まあ、色んな面白いことを考える人がいるもんだ。

野川のビジターセンターで日向ぼっこ。こんな時、きまってファーッと幽霊みたいに現れるのが土屋嘉男さんだ。本物の幽霊になって「あらいたの?」と言って現れてくれないかなと念じるが、この真昼じゃ出にくいんだろうなあ。

2018.11.27
 風邪? 意志と自然治癒力でなんとか撃退させよう。

河出書房新社の岩本さんと世田谷美術館の塚田美紀さん来訪。来週、豊島横尾館取材の打合せ。

2018.11.28
 レンドルミンと漢方の睡眠剤でも眠れず。偶然開いたサマセット・モームのページに「疲れたら眠れる」と書いてあるが、まだ疲れていないのかな。とうとう朝まで見事に完徹を貫徹。不眠状態なのに昨日の風邪気味はケロッと完治。疲れさせるためにあえて遠廻り徒歩でアトリエへ。

昨日、中国の雑誌からポスターの特集をしたいと、掲載予定作品のリストを送ってくるが、今日はまた別の中国の雑誌が絵画作品の特集をと言ってきたのでデータを送る。現在、中国と台湾での単行本の企画も合わせると5~6本あるのでは。アメリカ、ヨーロッパからのオファーもなんだかんだ4~5本あるが、このために多忙になるということはほとんどない。

久し振りにスカイ・ザ・バスハウスの白石さん、梅村さんがやってきて、来年、個展を? と提案。しばらくやってないので、「大作をやりましょうよ」となる。この手の体力勝負の個展は久し振りだ。

2018.11.29
 〈ドコカ海外ノ田舎ノ一軒家ニ夫婦デシバラク滞在シテ、エライオ世話ニナツタ。帰国ノ日ガ来テ、セメテ、名前ト住所ヲ、トオ願イスル。ナンダカ物語リジミテイル〉夢だ。

〈西脇ノ実家ノ隅ニ、2ツノ紙箱ニ兎ガ1匹、モウヒトツノ紙箱ニモ子兎ガ2匹。ソノ1匹ハ病気ラシイ。ミルクヲ与エルガ飲マナイ〉

夕べは昨日と違ってよく眠る。朝食のぜんざいには驚いたけれど、昔この家に越して来た頃は毎日ぜんざいがあって、来客にはぜんざいを出していた。

TBSテレビ「関口宏の人生の詩」収録の打合せ。編年体で経歴を追うような番組は止めて、フリートークにして欲しいと注文。関口さんもこれで了解される。関口さんとは1966年頃TBSの朝番組「ヤング720」にレギュラー出演以来、50数年振りに会うことになる。再会が愉しみだ。

文藝」のアトリエ会議。磯﨑憲一郎さん㊧、保坂和志さんと(撮影・徳永明美)
2018.11.30
 愛知県美術館の南雄介館長来訪。5年前に「別冊太陽横尾忠則」を監修した南さんのキュレーションでこの本の立体版「芸術にはゴールがない(作品による伝記)」展を計画。時間があるので新作も加えたい。

午後、「文藝」連載〈アトリエ会議〉に保坂和志さん、磯﨑憲一郎さんら来訪。保坂さんの愛猫チャーちゃんが死んだあと、自分の年齢のことを考えたら、もう飼猫は打ち止めと言っていたけれど、ぼくは「そんなことはない、死んだチャーちゃんが寂しがっている保坂さんに必ず、別の猫を寄こすことになる」と予言(?)したら、本当にそうなって、リンちゃんという猫が来るようになった、と動画を沢山見せてくれる。鶴の恩返しではないけれど、猫はこーいうことにはちゃんと礼節はあるのだ。ぼくが難聴で鼎談が困難ではないかと、保坂さんが筆談のための白板をプレゼントしてくれる。

磯﨑さんは、しきりに三島さんについてのエピソードを聞きたがる。「実はこーいうことこそ大事なんだ」と、以前からぼくがよく言っていたことだが、彼もそう思うようになったらしく、このことを鼎談で力説する。

2018.12.1
 ロスアンジェルスのギャラリーで日本の現代美術展が計画されており、その出品要請がニューヨークのアルベルツ・ベンダ画廊からある。

昨夜、Eテレの「SWITCHインタビュー 達人達」の番組で瀬古利彦さんと対談したが、妻はぼくが首と耳ばかりを気にしてよく触るという感想が中心で中味にはほとんど触れない。テレビとはマクルーハンじゃないけれど、こーいうものなんだ。以前、やはりテレビで美術批評について語った時、観ていた美術評論家の東野芳明さんが、放映が終ると同時に電話で、「君が着ている洋服、どこで買ったの? 教えてくれない」と。テレビが伝えるメッセージは実際こーいうことなんだ。

2018.12.2
 夜、ビデオで瀬古さんの解説する福岡国際マラソンを観る。(よこお・ただのり=美術家)
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術 > 現代美術関連記事
現代美術の関連記事をもっと見る >