洪水の年 下 書評|マーガレット・アトウッド(岩波書店)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 書評
更新日:2018年12月15日 / 新聞掲載日:2018年12月14日(第3269号)

洪水の年 下 書評
未来に対して大きな責任があることを思い知らせてくれる

洪水の年 下
著 者:マーガレット・アトウッド
翻訳者:佐藤 アヤ子
出版社:岩波書店
このエントリーをはてなブックマークに追加
出生率の異様な低下によって、一部の女性が生殖の奉仕をさせられる全体主義国家の恐怖を描き、アメリカでドラマ化もされた『侍女の物語』の原作者は、毎年のようにノーベル文学賞候補の下馬評に名前が挙がるカナダの作家マーガレット・アトウッド。『洪水の年』もまた、巨大企業のエリートとその他の平民によって、住む場所も待遇も二分されたディストピア世界を舞台にした小説になっている。

自然破壊が進み、遺伝子操作によって、新しい生物が次々と作られ、食べ物は合成物ばかり。〈コーポレーション〉と呼ばれる巨大企業と、その警備会社として発足したのに、いつの間にか大きな権力を有するようになった〈コープセコー〉によって強化される、思想統制や行動の制限。そんな人工的にして独裁的な世界にあって生まれたのが、菜食、清貧、科学と自然との調和を励行するエコロジカル宗教団体〈神の庭師たち〉だ。このまま人類が悔い改めなければ〈洪水の年〉が訪れるという、創始者〈アダム一号〉の予言どおり、テクノロジーの発展と遺伝子操作で生まれた新型ウィルスによって、世界は絶滅の危機に瀕してしまい──。

語り手(視点人物)は二人の女性、トビーとレンだ。
〈コーポレーション〉の中の遺伝子操作を扱う部門〈ヘルスワイザー〉が作り出したサプリメントを売るフランチャイズ店主をしていて、その製品の過剰摂取により病死してしまった母親。妻の看護と治療費捻出のために、仕事と財産を失い、ライフル銃で自殺してしまった父親。そのライフル銃を〈コープセコー〉に取り上げられないよう、父親の死体をこっそり埋め、銃も隠し、姿をくらますために自らの身分証明書を焼いてしまったトビー。通っていた大学にももちろん行けず、きちんとした職には就けないから髪の毛や卵子を売って急場をしのいだ挙げ句、ギャングが仕切っているハンバーガーショップ(連中が殺した人間の肉を使っているという黒い噂が立っている)で、トビーは働くようになる。店のマネージャーである凶暴な男ブランコに目をつけられ、性の奴隷にまでされてしまった彼女を救ったのが、〈アダム一号〉が率いる〈神の庭師〉のパレードの面々。トビーは、信仰心を持たないまま彼らとの共同生活に入っていく。

一方のレンが元々いたところは、エリートたちが住んでいる〈構内〉と呼ばれる地域。教団の頼れる偉丈夫であるゼブと出会い、恋に落ちた母親ルサーンに連れられ、七歳の時、神の庭師の子どもたちの一人になった。が、十四歳の時に、ゼブとの仲が冷え切ったルサーンに連れられ、再度〈構内〉に。当地の高校、大学に進学するも、研究者である父親が東欧のライバルのコーポレーションに誘拐されたため、母親ともども路頭に迷うことになる。またも勝手に男を作ったルサーンは、娘のレンを一人で生きていくよう突き放す。有為転変あった末、レンは高級風俗店〈ウロコ・クラブ〉で空中ブランコダンサーとして働くようになり、そこで〈洪水の年〉を迎えるのだ。

教団歴二十五年。パンデミックによって人類滅亡の危機にある世界で、隠しておいたライフルを回収し、誰もいなくなった〈神の庭師たち〉の施設で独りサバイブしているトビー。〈ウロコ・クラブ〉の隔離室に入っていたため難を逃れたものの、外からしか開けることができない部屋に閉じ込められてしまったレン。この二人の視点を通して、彼女らの過去、災害に至るまでの世界と教団の歩みを回想しつつ、サバイバルの日々を活写。やがて二人が合流するまでの物語を、作者のアトウッドは、時に寓話のような、時に冒険小説のような、時に成長小説のような、さまざまなトーンの筆致で描いていくのだ。

わたしたちは、あたかも世界の終わりを待ち望んでいるかのようだ。そう思えるほど、終末を描く小説は数多い。しかし、もちろん待望しているのではない。アトウッドをはじめとする作家たちは、その日の到来を阻止するために、ディストピアやデザスターや終末をテーマにした小説を書き継いでいる。トビーとレン、彼女たちと関わる人々の行為と思考と感情をつぶさに描いた物語の中に、その強い意志がみなぎっている。わたしたちには未来に対して大きな責任があることを、思い知らせてくれる大事な小説なのだ。
この記事の中でご紹介した本
洪水の年 下 /岩波書店
洪水の年 下
著 者:マーガレット・アトウッド
翻訳者:佐藤 アヤ子
出版社:岩波書店
以下のオンライン書店でご購入できます
洪水の年 上/岩波書店
洪水の年 上
著 者:マーガレット・アトウッド
翻訳者:佐藤 アヤ子
出版社:岩波書店
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
豊﨑 由美 氏の関連記事
マーガレット・アトウッド 氏の関連記事
佐藤 アヤ子 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
文学 > 外国文学関連記事
外国文学の関連記事をもっと見る >