★中国ドキュメンタリー映画上映会 目撃11 「私が死んでも」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年12月14日 / 新聞掲載日:2018年12月14日(第3269号)

★中国ドキュメンタリー映画上映会 目撃11 「私が死んでも」

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月22日(土)、上映15時~16時半、専修大学神田キャンパス(東京都千代田区神田神保町3―8)1号館301室で。*入場無料(事前申し込み不要・定員200名)

胡傑監督作品「私が死んでも」の上映会。本作は1966年8月に北京で発生した女子学生たちによる高校校長リンチ殺人事件の被害者家族を取材して、当時の事実やいまなお文化大革命の過去に苦しめられている状況に迫ったドキュメンタリー。被害者の夫が当時の事件の状況を撮影した多数の写真を使った迫真性のあるフィルムを上映する。会の進行は専修大学教授・土屋昌明氏が担当。

問い合わせは専修大学・土屋昌明研究室、メールtuwuchangming@yahoo.co.jpまで。
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
芸術・娯楽 > 映画関連記事
映画の関連記事をもっと見る >