2018年回顧 短歌 それぞれの世代に充実した歌集 あとから振り返れば転換点といわれる年か、とも|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

回顧総評
更新日:2018年12月22日 / 新聞掲載日:2018年12月21日(第3270号)

2018年回顧 短歌
それぞれの世代に充実した歌集
あとから振り返れば転換点といわれる年か、とも

このエントリーをはてなブックマークに追加
歌集 時祷集(三枝 浩樹)KADOKAWA
歌集 時祷集
三枝 浩樹
KADOKAWA
  • オンライン書店で買う
ベテラン、中堅、新人とそれぞれの世代の充実した歌集がたくさん刊行された一年だった。

三枝浩樹歌集『時禱集』(KADOKAWA)が今年の迢空賞を受賞した。

・こわれゆく肉とたましいたましいの様みえざれば黙しゆくのみ

静謐な生活をみつめる静謐な視線、内省的な姿勢が魅力として輝く一巻だ。

大分県で「朱竹」を主宰する伊勢方信の八冊目の歌集『ピアフは歌ふ』(本阿弥書店)は日本歌人クラブ賞を受賞した。

・バラ色の人生はたれも知らぬゆゑ声おさへ歌ふエディット・ピアフは

時代を故郷と風土を、そして人生を凝視する優れた歌集。前の三枝浩樹も甲斐市在住だが、地方で黙々と作歌を続ける歌人の仕事が評価されたことは嬉しい。

・ふらりとひとりで呑みに入るといふことの息子にはできてわれにはできぬ

永田和宏歌集『午後の庭』(KADOKAWA)より。今や日本の代表的知識人として多忙な日々を送る著者の人生の午後の詠嘆は心にしみる。

・モハメド・アリ過ぎにけらしな大和なる花鳥風月のほかの言葉や

水原紫苑歌集『えぴすとれー』(本阿弥書店)より。この歌には「俺をニガーと呼ばないベトコンを殺す理由はない。」との詞書を付している。華麗な美意識の底に強靭な抵抗精神を秘めた彼女の歌魂は貴重である。

・不夜ノ都府タルヲ見ルベシ瓦斯燈のはじめて点りし夜よりいくばく

・子に見せてならないものは詩にならず性ならずこのうす笑ひの答弁

・女子トイレの多さは少女おとめのあきらめし夢の数の数なり大劇場の午後

・文房具のにほひなつかし交換も一つおまけもなし人生は

それぞれ佐伯裕子歌集『感傷生活』(砂子屋書房)、米川千嘉子歌集『牡丹の伯母』(砂子屋書房)、栗木京子歌集『ランプの精』(現代短歌社)、小島ゆかり歌集『六六魚』(本阿弥書店)より。

このような中堅の女性実力派歌人が現代短歌の水準を確実に支え、表現領域を拡大している。

・会議・会議・怪獣・会議怪獣が蹴散らせばなほ現実リアルなる街

石川美南歌集『架空線』(本阿弥書店)の「予告編に続き本編」より。掲出歌は「シン・ゴジラ」を詠ったもの。今年出た歌集で私がいちばん注目したのはこの一巻。石川美南はそれぞれの一連を短編小説のように、強い構成意識をもって書いている。彼女の志向はもっと詳細に分析して、正しく評価されるべきと思う。

・犬死には恥と言はれて階段の上りに顔をあぐるほかなきを

第一歌集では、田口綾子の『かざぐるま』(短歌研究社)が出色。二〇〇八年に「冬の火」三十首で短歌研究新人賞を受賞しているのだが、その作品をこの歌集では、初期歌編として巻末に置いている。「現在をこそ見てくれ」との意志表示として、その潔さは信頼感を増してくれる。

穂村弘の十七年ぶりの新歌集『水中翼船炎上中』(講談社)と非正規社員の若者の悲哀を詠ってマスコミの話題になった萩原慎一郎歌集『滑走路』(KADOKAWA)が版を重ねていることも特記されるべきだろう。

・この人にひったくられれ ばこの人を追うわけだよ な生活懸けて

短歌研究新人賞の工藤吉生「この人を追う」より。

・表面に幾何学模様を刻まれて下水のふたは闇を押さへぬ

角川短歌賞の山川築「オン・ザ・ロード」より。

応募制新人賞受賞作の傾向が変化したという印象。あとから振り返れば、この年が転換点だったと言われるのかも。
この記事の中でご紹介した本
歌集 時祷集/KADOKAWA
歌集 時祷集
著 者:三枝 浩樹
出版社:KADOKAWA
以下のオンライン書店でご購入できます
「歌集 時祷集」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
藤原 龍一郎 氏の関連記事
回顧総評のその他の記事
回顧総評をもっと見る >
文学 > 日本文学 > 短歌関連記事
短歌の関連記事をもっと見る >