2018年回顧 ミステリー 現代史に焦点を当てた作品、目立つ 原尞、14年ぶりの新作/海外、クラシカルなミステリーも|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

回顧総評
更新日:2018年12月22日 / 新聞掲載日:2018年12月21日(第3270号)

2018年回顧 ミステリー
現代史に焦点を当てた作品、目立つ
原尞、14年ぶりの新作/海外、クラシカルなミステリーも

このエントリーをはてなブックマークに追加
それまでの明日(原 尞)早川書房
それまでの明日
原 尞
早川書房
  • オンライン書店で買う
非常に寡作ながら、発表する作品がどれも高く評価される――それが原尞だ。『それまでの明日』(早川書房)は、デビュー作から三〇年、そして前作から一四年を経て登場した、私立探偵・沢崎の新たな物語である。

デビュー作の延長にある、三〇年前でも現代でも通りそうな、時代の色を感じさせない私立探偵の物語。だが、結末ではそんな定型を少し逸脱してみせる。驚きとともに、次作を渇望せずにいられなくなるはずだ。どうか、今度は一四年も待たずに済みますように。

他のベテラン作家の作品も忘れがたい。東野圭吾の『沈黙のパレード』(文藝春秋)は、六年ぶりのガリレオシリーズ。証拠不十分で釈放された容疑者への義憤が引き起こした事件の真相を探る。有栖川有栖『インド倶楽部の謎』(講談社ノベルス)は、臨床犯罪学者・火村英生シリーズの長編。前世に輪廻転生に予言といった神秘に彩られた事件を、緻密な論理で解き明かす。若竹七海『錆びた滑車』(文春文庫)は、不運な探偵・葉村晶が、年齢からくる体の不調に悩まされながらも、巻き込まれた事件の真相を追うシリーズの最新作。始まりは地味ながらも、真相へと収斂する展開は鮮やかだ。

この一年で目立っていたのは、現代史に焦点を当てた作品だ。第二次大戦を背景にした『戦場のコックたち』で注目を集めた深緑野分の『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)は、同時代、降伏直後の占領下に置かれたベルリンの物語だ。過酷な状況を生き延びた人々の姿が記憶に焼き付く。奥泉光『雪の階』(中央公論新社)の背景は昭和一〇年。心中事件の真相を解き明かす華族令嬢の活躍を、華麗な文体で語る豪華な小説である。葉真中顕『凍てつく太陽』(幻冬舎)の舞台は、戦争末期の室蘭。アイヌの血を引く特高刑事が、軍事機密をめぐる殺人事件に挑む。上田早夕里『破滅の王』(双葉社)は日中戦争を背景に、致死性の細菌兵器開発をめぐる暗闘を描く。

現代史とは第二次大戦だけではない。真藤順丈『宝島』(講談社)はアメリカ施政下の沖縄を描き、月村了衛『東京輪舞』(小学館)は、外事警察の一員として、ロッキード事件から金正男暗殺までを見てきた男を描く。

新人では、鮎川哲也賞を受賞した川澄浩平『探偵は教室にいない』(東京創元社)が印象深い。日常の謎を描く連作という、目新しさに乏しいつくりながら、会話の妙と探偵役の立ち位置の上手さで読ませる作品に仕上がっている。

海外作品で最も鮮烈だったのは、シェイン・クーン『インターンズ・ハンドブック』(高里ひろ訳、扶桑社ミステリー)だった。主人公は、インターンの若者を装ってオフィスに潜入し、ターゲットの命を奪う殺し屋。策略と裏切りだらけの暗殺稼業を、皮肉なユーモアにあふれた口調で語る。

先の読めない展開ならば、ピーター・スワンソン『そしてミランダを殺す』(務台夏子訳、創元推理文庫)も一級品だ。浮気をした妻を殺そうと考える男と、協力を申し出た女の出会いから、驚きに満ちた駆け引きが描かれる。一方、結末を先に明かしながらもぐいぐい読ませるのが、ドン・ウィンズロウ『ダ・フォース』(田口俊樹訳、ハーパーBOOKS)。自らの信条を貫くためには不正も辞さない刑事の、栄光と転落の物語だ。

この一年は、名探偵が謎を解くクラシカルなミステリーへの愛着が感じられる作品が目立っていた。例えば、アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』(山田蘭訳、創元推理文庫)。パスティーシュの名手でもある作者が、アガサ・クリスティそのものの謎解き小説を描いてみせる。しかもこれは作中作で、その外枠には原稿を読んだ編集者の物語が配されているという、凝った構成の小説だ。

また、古代中国を舞台にした陸秋槎『元年春之祭』(稲村文吾訳、ハヤカワ・ポケット・ミステリー)は、日本の謎解きミステリーの影響を受けて書かれた作品だ。様々な謎解きの趣向が埋め込まれ、「読者への挑戦状」までついている。ジョン・ヴァードン『数字を一つ思い浮かべろ』(浜野アキオ訳、文春文庫)では、かつての敏腕刑事が、正体不明の殺人者を相手に、緻密な頭脳戦を繰り広げる。ポール・アルテ『あやかしの裏通り』(平岡敦訳、行舟文化)は、街の路地が消失するという強烈な謎で読者を惹きつける、フランス発の大胆な作品だ。
この記事の中でご紹介した本
それまでの明日/早川書房
それまでの明日
著 者:原 尞
出版社:早川書房
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
古山 裕樹 氏の関連記事
回顧総評のその他の記事
回顧総評をもっと見る >
文学 > 日本文学 > ミステリー関連記事
ミステリーの関連記事をもっと見る >