第160回(平成30年度下半期) 芥川龍之介賞・直木三十五賞 候補作|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2018年12月28日 / 新聞掲載日:2018年12月28日(第3271号)

第160回(平成30年度下半期) 芥川龍之介賞・直木三十五賞 候補作

このエントリーをはてなブックマークに追加
【芥川賞候補作品】
▽上田岳弘「ニムロッド」(群像12月号)
▽鴻池留衣「ジャップ・ン・ロール・ヒーロー」(新潮9月号)
▽砂川文次「戦場のレビヤタン」(文學界12月号)
▽高山羽根子「居た場所」(文藝冬季号)
▽古市憲寿「平成くん、さようなら」(文學界9月号)
▽町屋良平「1R1分34秒」(新潮11月号)
<芥川賞選考委員>

小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、髙樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、山田詠美、吉田修一の各氏。
【直木賞候補作品】
宝島(真藤 順丈)講談社
宝島
真藤 順丈
講談社
  • オンライン書店で買う
▽今村翔吾『童の神』(角川春樹事務所)
▽垣根涼介『信長の原理』(KADOKAWA)
▽真藤順丈『宝島』(講談社)
▽深緑野分『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)
▽森見登美彦『熱帯』(文藝春秋)
<直木賞選考委員> 

浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、髙村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆきの各氏。

選考会は、1月16日。
この記事の中でご紹介した本
宝島/講談社
宝島
著 者:真藤 順丈
出版社:講談社
以下のオンライン書店でご購入できます
信長の原理/KADOKAWA
信長の原理
著 者:垣根 涼介
出版社:KADOKAWA
以下のオンライン書店でご購入できます
「信長の原理」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究関連記事
評論・文学研究の関連記事をもっと見る >