『コレクション日本歌人選 第Ⅳ期』 笠間書院より、全20冊刊行開始|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2018年12月31日 / 新聞掲載日:2018年12月28日(第3271号)

『コレクション日本歌人選 第Ⅳ期』 笠間書院より、全20冊刊行開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
笠間書院から「コレクション日本歌人選 第Ⅳ期」の刊行がスタートした。四六判・平均128頁・各1300円。

2011年に刊行開始され、柿本人麻呂や寺山修司、塚本邦雄など日本の代表的歌人の秀歌を収録した、第1~3期全60冊の人気アンソロジーの新シリーズで第4期は全20冊を刊行する。

第4期では河野裕子や森鷗外まで近現代の歌人を中心にした秀歌を厳選して取り上げる。11月には多田一臣著『高橋虫麻呂と山部赤人』、楠見朋彥著『前川佐美雄』、島内景二著『竹山広』の3冊が刊行、12月は松村正直編集『戦争の歌』、渡邉裕美子著/文他『藤原俊成』、大辻隆弘著/文他『佐藤佐太郎』を刊行。来年の完結を目指し続々刊行予定。

笠間書院 ☎03・3295・1331
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
ビジネス・経済 > 出版関連記事
出版の関連記事をもっと見る >