体力の正体は筋肉 / 6361(集英社)筋肉は何歳でも鍛えられる|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 著者から読者へ
  4. スポーツ
  5. 体力の正体は筋肉 / 6361(集英社)筋肉は何歳でも鍛えられる
著者から読者へ
更新日:2019年1月3日 / 新聞掲載日:2019年1月4日(第3271号)

筋肉は何歳でも鍛えられる

体力の正体は筋肉
著 者:樋口 満
出版社:集英社
このエントリーをはてなブックマークに追加
体力の正体は筋肉(樋口 満)集英社
体力の正体は筋肉
樋口 満
集英社
  • オンライン書店で買う
階段の上り下りで手すりをつかんでしまう。15分以上続けて歩くのが億劫。2キロくらいの買い物をすると持ち帰るのがつらい……といったことがないだろうか。私にはある。入稿するのも校了するのも数年前よりずっと時間がかかるようになったし、疲れなんてまったく取れない。人生100年時代、まだアラフォーだと言うのに、とため息をついていた。

しかし、これは加齢のせいではない。疲れやすいのも体力がなくなったと感じるのも、すべて「筋肉の衰え」が原因。自分で担当しておきながら言うのははばかられるが、これは実に勇気が持てる話だ。年齢は変えられないけれど、筋肉は何歳になっても鍛えられるのだから。

『体力の正体は筋肉』では、具体的なトレーニング方法を多数掲載した。その中でも、「ローイング」をぜひおすすめしたい。ローイングとはボート漕ぎ運動のことをいう。本書では、自宅で手軽にできる方法を紹介している。用意するものは、100円ショップでも売っているゴムチューブと座布団。膝や腰が悪くても安心なトレーニングだ。

企画が立ち上がってから、2年近くになるが、毎日少しずつ続けている。結果、私の体重は3キロ減り(食事は一切変えていない。毎晩、飲んでもいる)、洋服はすべて1サイズずつ小さくなった。外苑前から渋谷くらいまでならガシガシ歩ける。肩こりも無縁だ。

多くの皆さんがこのような体験をしてほしい。本書の担当としての希望だ。
この記事の中でご紹介した本
体力の正体は筋肉/集英社
体力の正体は筋肉
著 者:樋口 満
出版社:集英社
以下のオンライン書店でご購入できます
「体力の正体は筋肉」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者から読者へのその他の記事
著者から読者へをもっと見る >
スポーツ関連記事
スポーツの関連記事をもっと見る >