【展示会】奈良絵本を見る!|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 文化・サブカル
  5. 【展示会】奈良絵本を見る!
催しもの
更新日:2019年1月11日 / 新聞掲載日:2019年1月11日(第3172号)

【展示会】奈良絵本を見る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
▼会期:1月10日(木)~26日(土)
▼開催時間:10時~入場17時まで
▼定休日:日・祝(1/20(日)は臨時開催、19時まで)
▼入場無料
▼場所:八木書店 古書部3階▼住所:東京都千代田区神田神保町1—1

新天理図書館善本叢書「奈良絵本集」刊行を記念し、個人蔵コレクションより厳選出品の展示会「奈良絵本を見る!」を開催。

室町、安土桃山時代から江戸中期にかけて作られた彩色絵入りの奈良絵本。その数は5千点以上になると言われている。本展では、貴重な個人蔵コレクションから30点を厳選し、黎明期から末裔期まで、およその時代順に奈良絵本の変遷をたどる。原本をご覧いただき奈良絵本の魅力をお楽しみください!

【奈良絵本とは…】室町時代後期から江戸時代中期にかけて、主に京都・堺などで作られた彩色絵入りの絵本や絵巻のこと。一点毎に手作業で作られ、素朴な作品から豪華なものまで様々な作品が残されている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル関連記事
文化・サブカルの関連記事をもっと見る >