旅・人・言葉を語る 『日本語圏文学』からみる多文化共生|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2019年1月11日 / 新聞掲載日:2019年1月11日(第3172号)

旅・人・言葉を語る 『日本語圏文学』からみる多文化共生

このエントリーをはてなブックマークに追加
旅・人・言葉を語る 『日本語圏文学』からみる多文化共生

講師=温又柔氏

2月23日(土)13時半から15時半まで(開場13時)、東京都人権プラザ1階セミナールーム(港区芝2-5-6芝256スクエアビル1階)、要事前申込、定員60名(応募多数の場合は抽選)、参加無料、手話通訳・託児保育(いずれも要事前申込。詳細は問合せ)。

プログラム=前半・講演「旅・人・言葉を語る ~『日本語圏文学』からみる多文化共生~」、後半・朗読「私の特権 ~『どちらでもある』と『どちらでもない』の間で~」

申込みは、「東京都人権プラザ」電話03・6722・0123またはWEBサイト(http://www.tokyo-hrp.jp/)のメールフォームから。申込締切は2月11日(月・祝)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >