明治大学大学院教養デザイン研究科 中国ドキュメンタリー映画 上映と対談|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2019年1月18日 / 新聞掲載日:2019年1月18日(第3273号)

明治大学大学院教養デザイン研究科 中国ドキュメンタリー映画 上映と対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
「中国ドキュメンタリー映画の起源 映画を土地に返す」

2月2日(水)14時半~、明治大学和泉キャンパス 第三校舎26番教室(東京都杉並区永福1―9―1)。

映画作品『カワガルボ伝奇』(※連作映像の一部/60分/2005年/監督=郭浄:55年雲南省昆明生まれ。雲南省社会科学院研究員。民族学者。雲之南記録映像展元ディレクター)、内容=チベット族が聖山と敬うカワガルボ(梅里雪山)。その周りに生きるチベット族の人々と暮らしを愛してやまない監督が、あえて民族学者の立場を離れて連作した映像作品。チベット族の人々の何気ない日常の豊かさが映し出される。

講師1=佐藤賢氏(明海大学外国語学部専任講師。中国文学、映画研究)。著作:『中国ドキュメンタリー映画論』(平凡社、19年1月予定)*著作内容:1990年前後に始まった中国における独立ドキュメンタリー映画の歴史を辿るとともに、その「独立」の意味を考える一冊。

講師2=池上善彦氏(元『現代思想』(青土社)編集長、現在「東アジア現代思想計画(MAT)」の理事)

コーディネーター=丸川哲史(明治大学政治経済学部/教養デザイン研究科)

問い合わせは、明治大学大学院教養デザイン研究科 ☎03・5300・1529
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
芸術・娯楽 > 映画関連記事
映画の関連記事をもっと見る >