小池昌代『影を歩く』(方丈社)刊行記念「境界線上のゆらぎ、読む楽しみ」大竹昭子による小池昌代の公開インタビュー |書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2019年1月22日 / 新聞掲載日:2019年1月18日(第3273号)

小池昌代『影を歩く』(方丈社)刊行記念「境界線上のゆらぎ、読む楽しみ」大竹昭子による小池昌代の公開インタビュー 

このエントリーをはてなブックマークに追加
影を歩く(小池 昌代)
影を歩く
小池 昌代
  • オンライン書店で買う
 小池昌代『影を歩く』(方丈社)刊行記念「境界線上のゆらぎ、読む楽しみ」大竹昭子による小池昌代の公開インタビュー 

1月29日(火)19時半スタート21時頃終了予定、荻窪・本屋「Title」1階特設スペース(東京都杉並区桃井1―5―2 ☎03・6884・2894)、参加費1000円+1ドリンク500円、定員25名。

申し込みは、title@title-books.com(件名にイベント名、メール本文に氏名/電話番号/枚数(1人2枚まで)を明記)。

大竹さんは本書の魅力を「生きて死ぬまでのあいだを流れる時間への関心、そこから目をそらさない意思」と述べる。時間と記憶、現実と虚構、文中の「わたし」と書き手との関係など、〈境界線上にある事柄〉を話題に語り合う。
この記事の中でご紹介した本
影を歩く/
影を歩く
著 者:小池 昌代
出版社:
以下のオンライン書店でご購入できます
「影を歩く」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 人生関連記事
人生の関連記事をもっと見る >