改組新第三回日展開催に寄せて④-1|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 特集
  3. 読書人紙面掲載 特集
  4. 芸術・娯楽
  5. 改組新第三回日展開催に寄せて④-1
読書人紙面掲載 特集
更新日:2016年11月18日 / 新聞掲載日:2016年11月18日(第3165号)

改組新第三回日展開催に寄せて④-1

このエントリーをはてなブックマークに追加
二〇一六年一〇月二八日から一二月四日まで国立新美術館で「改組新第三回日展」が開催される。日展は日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書など約三〇〇〇点の新作・入選作が全国から集まり一堂に展示される。本紙では「改組新第三回日展開催に寄せて」と題し全四回で理事長はじめ日展作家のインタビューを掲載する。文責は美術ライターの松井文恵氏にお願いした。

(編集部)
会 期:2016年10月28日(金)~12月4日(日)
時 間:10時~18時(入場は17時30分まで)
場 所:国立新美術館(港区六本木7-22-2)
入場料:一般1200円/高・大学生700円(小・中学生は無料)
休館日:火曜日
日本画家 長谷川 雅也 

心の動くままに新しい絵肌をつくる
《トンカムの夏》2016年 改組新第3回日展出品作品


京都に生まれ育った長谷川さんは、京都造形大を出て迷うことなく自然に日本画の道を歩んできた。大学四年で日展に初出品初入選。その後二度の落選を経て、アジサイを描き入選。五年目の特選では苔むした樹根を描いた。京都府の植物園の中でこの樹根に出会ったときは、言葉にできない深い感動があったという。こうして心動かされた動植物の写生を重ね、独特の美しい青の世界を展開する。「自然に沸いてくる心象的な色が青です」と語る長谷川さん。今年「未来を担う新世代 山種美術館日本画アワード」の優秀賞にも輝いた。一九三八年設立の伝統ある日本画画塾晨鳥社の所属作家である。

最盛期を過ぎた花や動物の中に、人の日常に秘められた内と外、光と影に翻弄される心情を繊細なタッチで描く。制作にあたっては、無心に写生をして、絵にしようというのが見えてきてから構図が決まる。「絵を描く時は自分の感情が自然に出て、本当に美しいだけではなく心の闇、深いもの楽しくないものを作品にぶつけ、辛い時もある。今、常にプロ意識を強く持って、心の動くままに新しい絵肌をつくっていきたい」と語る。

洋画家 浅見 文紀 

雨ざらしのベニヤ。モチーフとの出会い
《化身・小さな冬景色》2016年 改組新第3回日展出品作品



埼玉県秩父で生まれ育ち、埼玉県の高校教員として長年勤務し、退職後は秩父で画業に専念する浅見さん。アトリエには秩父の自然の中で見つけた様々な素材が並ぶ。

中学、高校とソフトテニスに夢中だった時代を経て、多摩美術大学で油絵を専攻した浅見さんが団体展に出品したのは教師となってからだ。生徒に展覧会への出品を勧めるには自分が出さなければと思い、県展に出し、その後三十五歳で日展に初出品。

最初は身近な家族をモデルに人物画を描いたり、田んぼの「はざかけ」を背景にしたり夜祭りも取材したが、あるモチーフとの出会いで絵に変化が現れた。

学校の焼却炉で雨ざらしのベニヤ板を見つけたのだ。この板を背景にさまざまな作品を生み出した。また学校で段ボールが無造作に積んであったのにヒントを経て、段ボールと枯れた植物などを組み合わせ、時間の経過や植物のフォルム、直線との対比などを生かして絵を構成した。この斬新なシリーズ「化身」で二〇〇九年と二〇一二年に特選を受賞。一方、自然をダイナミックに描く風景画の作品もある。現在は画業に専念し、日々モチーフと格闘している。


彫刻家 田丸 実 

人間とは何かを確かめたい
《ふたり、もしくは月と花》2016年 改組新第3回日展出品作品


倉敷芸術科学大学で教鞭を執ると共に制作を行っている田丸さん。

子どもの頃から漫画を見て読んで描くのが好きで、美術を進路にしたいと考えていたとき、高校の恩師に大学で美術の教員免許を取ることを勧められた。

岡山大学教育学部に進むと、そこでその後の進路を大きく決める師との出会いがあった。現日展顧問で彫刻家の蛭田二郎先生である。周囲に作家を目指す人はいなかった。また絵も抽象がさかんで、女性像を描こうと思っていた矢先、それは時代遅れだという風潮があった。蛭田先生は女性像を主体にした彫刻家で、「魅力を感じることを堂々とすれば良い。自分で物をつくってその経験を積むことも指導者としての近道だ」という言葉に後押しされ、未知の分野の彫刻制作を始めた。 

日展には大学四年で初出品最年少入選。大学院卒業後は、思いがけず大学で教員の道が開けた。
制作に当たっては、常に人間とは何かを確かめたいという思いがある。目標はミケランジェロや古代のギリシャの彫刻家たち。彫刻は日常の経験が次の作品につながる。「表現したい形をつかむことができたときの充足感は何物にも代えがたい」と語る。

ガラス作家 友定 聖雄 

楽しくなければ芸術ではない
《CHORD》2016年改組新第3回日展出品作品


神戸で、町のガラス屋さんの家に生まれたという友定さん。自宅の一階の職場にあるガラスに慣れ親しんで育った。高校二年でステンドグラスを志すが、当時の大学では教えてくれるところはなく染色を学ぶ。大阪のガラス工芸の材料を輸入する会社に入り、一年三カ月で独立し工房を持つ。十年前からは大学でも専任教員を務めている。

日展へ出すきっかけは阪神淡路大震災のとき。震災当初、神戸の都心では夜は真っ暗だったが、住んでいた北区に帰ると明かりがついていて、「不謹慎とは思いましたが光を見てほっとするというのがあって、光やあったかいものは人間にとって必要と考えたときに自分にできるのはこうした仕事だと思ったんです」。何か作品を残したい、作家としてやっていこうと、兵庫県工芸美術展にまず出品。日展には二回目の出品からずっと通っている。前例がないガラス工芸の仕事は、自分がやったことがすべて自分のものになる。父親からもらった接着剤をヒントにガラスを組み合わせた作品を作った。

いろいろな芸術を幅広く受け入れてくれる日展の懐の深さ、そして楽しくなければ芸術でないと語る。

書家 佐々木 宏遠 

値遇の師との出会い
《呉藍之》2016年 改組新第3回日展出品作品

父は名古屋で書道塾と小学校の教員と浄土真宗の寺の住職を務めており、小さい頃から筆を持たされていたという佐々木さん。寺を継ぐべく大谷大学に入り、真っ先に書道部に入った。後に奥様となる同級生の紹介で日展の古谷蒼韻先生に師事することになる。そこから本格的に厳しい指導を受け、日展を目指す毎日となる。しかし、二度の落選で三度目の正直というときに父から「帰ってこないのか」と言われた。五年以内に目が出なかったら戻る約束をしたところ、大学を出た年に日展に初入選。父もたいへん喜んで応援してくれた。

師から空海の三十帖冊子から字集めしたものを見せられ師の学び方を学んだことも大きい。「何を学んでどうなるかは自分自身をみつめ鍛え上げていく勉強なので、人としても大事だし、書の道は本来そうあるべき」と語る。その後、特選までの道のりは苦しく、木簡、王羲之、空海、和様と学びさまざまなものが融合されながら形になった書が認められた。現在があるのは「値遇の師との出会いがあって、書ができるのを父が喜んでくれたからです」。

京都で歴史を感じながら「風を感じる書」を一つのテーマとしている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
芸術・娯楽関連記事
芸術・娯楽の関連記事をもっと見る >