『フランス革命 「共和国」の誕生』山﨑耕一著|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2019年1月29日 / 新聞掲載日:2019年1月25日(第3274号)

『フランス革命 「共和国」の誕生』山﨑耕一著

このエントリーをはてなブックマークに追加
刀水書房創業40周年記念出版と銘打たれて刊行された本書はフランス革命を徹底的に分析する。一般的にフランス革命開幕を象徴する「全国三部会」や「室内球技場の誓い」、「バスティーユ陥落」からのスタートではない。著者は冒頭に革命について4つの定義付けを行い、それらの出来事か数年遡った政治闘争を前期革命と位置づけて解説を行っていく。微温的空気の前期革命を第一章で描写したのち、続く第二章からは加速度的に状況が変わっていき、かつ血なまぐさい事件も頻発するようになるフランスの有様を政治的な出来事を中心に紐解いていく。わずか十数年の間に王政から共和国成立、そしてナポレオン出現による帝政に至るまで刻一刻と目まぐるしく移り変わる情勢を、年表に記された出来事に沿って冷静に分析するからこそ、当時の混沌の複雑さが一層際立つ。(四六判・三七〇頁・三〇〇〇円・刀水書房☎〇三―三二六一―六一九〇)
この記事の中でご紹介した本
フランス革命 「共和国」の誕生/刀水書房
フランス革命 「共和国」の誕生
著 者:山﨑 耕一
出版社:刀水書房
以下のオンライン書店でご購入できます
「フランス革命 「共和国」の誕生」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
歴史・地理 > 西洋史 > ヨーロッパ史関連記事
ヨーロッパ史の関連記事をもっと見る >