井上正鐡門中・禊教の成立と展開 慎食・調息・信心の教え 書評|荻原 稔(思想の科学社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 読書人紙面掲載 書評
  4. 宗教
  5. 信仰
  6. 井上正鐡門中・禊教の成立と展開 慎食・調息・信心の教えの書評
読書人紙面掲載 書評
更新日:2019年1月26日 / 新聞掲載日:2019年1月25日(第3274号)

井上正鐡門中・禊教の成立と展開 慎食・調息・信心の教え 書評
教祖・門弟・教団
その生涯を跡付ける

井上正鐡門中・禊教の成立と展開 慎食・調息・信心の教え
著 者:荻原 稔
出版社:思想の科学社
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者の荻原稔氏は法政大学の学部卒業を経て、養護学校の教員として一般社会に出て働き始めた。次第に禊教の修行を実践しつつ、信仰を「体験」しつつ、その体験を「対象化」する二重の作業をおこなってきたのである。

荻原氏が本書で引く「内在的理解」(島薗進)の言葉が示すように、研究者にとっても、信仰は高みから裁断するようなものではなく、その信仰生活の置かれた社会的文脈や信仰生活のもつ論理を十分に理解したうえで、その意味を特定の研究視座のもとに論じられるべきものであろう。そこで見えてきた仕事が本書の中核をなす実践、「慎食・調息」、とくに「調息」である。その作法が近世から近代への移行過程で社会のなかでどのような役割を果たし、いかなる信仰的主体を確立してきたのかを内在的に記述するのが本書の目的である。

以下、本書の内容を確認していこう。本書は、「序章 本書の目的・構成と研究史」にはじまり、「第一章 井上正鐡の思想と行法の成立と展開」、「第二章 初期井上正鐡門中の展開」、「教派神道としての禊教の成立と展開」、そして「終章」で結ばれる。教祖となる井上正鐡の宗教的生涯の記述に始まり、その門弟たちの動き、さらには教団の形成と分立の動きを追った、教団自体の生涯を跡付けたものである。

井上は山形藩の家臣の次男として、寛政二年に江戸屋敷で生まれた。本格的に自らの教化活動を始めるのは、天保一一年(一八四〇)年であった。しかし、その教えは異説を以って人心を惑わすなどの理由で、幕府から取締りを受け、天保一四年(一八四八)に三宅島に遠島に処され、嘉永二年(一八四九)に六十歳で没する。

その死後、明治になって身分が回復し、最終的には明治一五年(一八八二)に平山省斎を管長とする神道大成派が教派神道の一派として特立する。大成教は、神道諸派は勿論、儒教、仏教も集めて集大成した立場を標榜していたが、実際には禊教と御嶽教を内実とする集団であった。だが、同年に御嶽教が大成教からさらに特立したため、大成教は禊教を内実するとするものになった。
井上の教えを荻原氏は〈信心・誠の心〉に中心があると見定めて、次のように述べている。

「ここで〈形〉といわれている身体は、〈地〉を元とした〈食〉による〈血〉の働きであり、〈気〉とされる身体を働かせるエネルギーは、〈天地大空〉を元とした〈息〉がその元である。そして、`天地の気は神明`であるから、`神明に違わざれば病ひ有事なし`として、〈慎食〉と〈調息〉によって病気の原因を排除できると主張したのである。」

さらに巻末に掲げられた「井上正鐡門中道統・教会系統略図」は、同門中の道統を体系的に網羅した労作である。荻原氏は門中の言葉を引いて、「一は仏教で修行する一派、一は神道で修行する一派に分かれ、さらに神道は一に禊派、一は『とほかみ』派に分かれた」と紹介している。それと同時に、こうした集団の違いを超えて、「〈息の術〉すなわち〈祓修行〉」が帰結する身体実践が共通する芯をなしていることも看取する。

「分立」というと近代的な宗教想起論の観点からすれば印象が悪いが、本書で荻原氏が再三説明しているように、宗教の教説と実践が社会に浸透していく中で、個別の状況に応じた適応を示す結節点の増加とも見られる。この門中の歴史がその教説と実践が社会に浸透していく過程を物語っているのだ。

近代日本の宗教史の中では、国家神道体制への権力集中とそれに対する異端の抵抗という物語で評価がなされてきた。それゆえに宗教組織論においても、教団が教勢を伸ばしていくためには、異端を排除しながら組織を中央集権化することが不可欠だと考えられがちであった。だからこそ、井上門中の歴史を考察することを通して、正統と異端という二項対立の物語に収まらない教団の特質を明らかにすることは、硬直した近代の権力批判の行き詰まりを乗り越えていくために必要な作業となるのだ。
この記事の中でご紹介した本
井上正鐡門中・禊教の成立と展開 慎食・調息・信心の教え/思想の科学社
井上正鐡門中・禊教の成立と展開 慎食・調息・信心の教え
著 者:荻原 稔
出版社:思想の科学社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
磯前 順一 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
宗教 > 信仰関連記事
信仰の関連記事をもっと見る >