黒川 創ロングインタビュ― 鶴見俊輔伝 「不良少年」から「不逞老人」へ 『鶴見俊輔伝』(新潮社)刊行記念|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2019年2月1日 / 新聞掲載日:2019年2月1日(第3275号)

黒川 創ロングインタビュ―
鶴見俊輔伝 「不良少年」から「不逞老人」へ
『鶴見俊輔伝』(新潮社)刊行記念

このエントリーをはてなブックマークに追加
鶴見俊輔伝(黒川 創)新潮社
鶴見俊輔伝
黒川 創
新潮社
  • オンライン書店で買う
「もしも、彼という存在がなければ、この社会のありようは、いまとはいくらか違ったものになっていただろうか?」(本書「あとがき」より)。
戦後日本を代表する哲学者・鶴見俊輔が九三歳で亡くなって三年。二〇一八年十一月、作家の黒川創氏による評伝『鶴見俊輔伝』(新潮社)が刊行された。鶴見俊輔は政治家の家の長男として生まれ、その出自との葛藤を経て渡米し、ハーヴァード大学に入学。日米開戦後に敵国人として拘留されるも収容所で大学を卒業し、「戦争が終わるときは、負ける側にいたい」と日米交換船で帰国して敗戦を迎える。戦後、一九四六年に「思想の科学」を都留重人、丸山眞男、武谷三男らと創刊。社会運動にも深くコミットして、戦後リベラル思想の代表的知識人として、「ベ平連(ベトナムに平和を!市民連合)」や「九条の会」の活動など、社会への働きかけを続け、九三年の生涯を生ききった。本書は公私にわたり半世紀近くを鶴見俊輔の間近で過ごした著者による本格評伝である。鶴見俊輔の思想と態度を形作った家と時代とは、鶴見俊輔が遺した仕事とは、私たちは鶴見俊輔から何を受け取り、引き継いでいくべきか、黒川氏の実体験も含めお話しいただいた。  (編集部)
第1回
複数解釈可能=受賞しやすい――『むらさきのスカートの女』

小谷野  
 倉本さんの事前予想は『むらさきのスカートの女』だと聞きました。
倉本  
 本命というか、受賞するのではないかと考えてはいました。これは商店街や公園でよく見かける風変わりな女性、すなわち「むらさきのスカートの女」になぜかやたらと執着し友達になりたいと望む「わたし」の語りを通じて、これまでの今村夏子作品のテーマでもあるコミュニティの内と外をめぐる欺瞞が浮き彫りになっていく小説でもあります。
小谷野  
 私には、デビュー作の『こちらあみ子』や以前候補作となった『あひる』に比べると、ちょっと落ちる感じがしましたね。語り手が誰なのか分からない語りというのも特別斬新ではないし、むしろ最近よくある技法であまり感心しない。『こちらあみ子』で受賞してよかった人だと思う。あの時何で候補に上がらなかったのか。芥川賞はいつも授賞が一歩遅れますね。
倉本 さおり氏
倉本  
 確かに「授賞遅れ問題」はありますよね。正直、私も初読のときは、『こちらあみ子』や『あひる』より評価が落ちると感じました。ただ、読み直してみるとこれまでの今村さんの作品と比べ、進化した部分があると気づいたんです。
『こちらあみ子』は、作中ではけっして明言されないけれど、周囲の反応から何らかの障害を抱えているのではないかと思わせる少女の視点から世界が描かれていますよね。三人称で語ることを注意深く選び取っているとはいえ、世間の常識から乖離している主人公の姿を描写する語り手の立ち位置には危うさもありました。

一方『むらさきのスカートの女』は、当初は明らかに異端者として映っていた人物がじつは普通の人間であることがわかってくるにつれて、今度は語り手の「わたし」の異常性のほうが際立ってくるという構造です。かといって、この「わたし」はエイリアンとして純化された視点でもない。例えば、「むらさきのスカートの女」が求人情報誌を読んでいる際の、ちょっと下世話で意地の悪いツッコミをはじめ、「わたし」が彼女に対して持っている偏見や、彼女を下に見ている部分も意識的に書き込まれている。作者が「わたし」の感覚をガラスケースに入れて隔離するようなまねをせず平等に扱っているんですよね。そうやっておかしさの度合いや変だったものの主体が何度も反転することで、境界線の意味が無効化されていく。その仕掛けが、読み手の幅を広げたのかもしれません。
小谷野  
 今村夏子のこれまでの実績を勘案すると、そろそろ芥川賞を授賞してもいいだろうと、選考委員の中にはそんな思いもあったんじゃないか。
倉本  
 俎上に載せたとき、最も建設的な議論をしやすいというか、色々なタイプの選考委員がそれぞれに意見を言いあえる余白がある作品だったということも授賞理由の一つではないでしょうか。過去の受賞作である本谷有希子『異類婚姻譚』や村田沙耶香『コンビニ人間』もそうですが、一見わかりやすくみえて複数の解釈が可能な作品が今は受賞しやすいのだと思いますね。
2 3 4 5 6 7
この記事の中でご紹介した本
鶴見俊輔伝/新潮社
鶴見俊輔伝
著 者:黒川 創
出版社:新潮社
以下のオンライン書店でご購入できます
不逞老人/河出書房新社
不逞老人
著 者:鶴見 俊輔
編集者:黒川 創
出版社:河出書房新社
以下のオンライン書店でご購入できます
日米交換船/日米交換船
日米交換船
著 者:鶴見 俊輔、加藤 典洋、黒川 創
出版社:日米交換船
以下のオンライン書店でご購入できます
「日米交換船」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
鶴見 俊輔 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 伝記関連記事
伝記の関連記事をもっと見る >