『一発屋芸人の不本意な日常』 朝日新聞出版より刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2019年2月5日 / 新聞掲載日:2019年2月1日(第3275号)

『一発屋芸人の不本意な日常』
朝日新聞出版より刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
 山田ルイ53世著『一発屋芸人の不本意な日常』が朝日新聞出版から刊行された。四六判240頁・1300円。

本書は自他ともに一発屋芸人だと認めるお笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世が悲哀に満ちた日常を綴ったWEB連載をまとめた内容である。

一度ブレイクしたゆえに、顔はよく知られている。だからこそ街なかで声をかけられたりするときやサインを求められるときに不躾な物言いをされることもしばしば。あるいはテレビ局で仕事をするにあたってはスタッフから受ける冷遇を、冷笑的な比喩混じりにこれでもかと綴っている。反面、仕事のたびに手厚すぎる扱いを受ける地方ラジオ局を「竜宮城」と呼び、一発屋としての現実を忘れないよう自戒をこめる。また久しぶりのテレビの仕事に失敗し、家に帰っても眠れない心境を「実際、一番の目ざましは、カフェインなどではない……屈辱や後悔、焦燥、不安である。」と述べる。一発屋芸人の哀切さが際立つ。

朝日新聞出版 ☎03・5540・7793
この記事の中でご紹介した本
一発屋芸人の不本意な日常/朝日新聞出版
一発屋芸人の不本意な日常
著 者:6440
出版社:朝日新聞出版
以下のオンライン書店でご購入できます
「一発屋芸人の不本意な日常」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
人生・生活 > エッセイ関連記事
エッセイの関連記事をもっと見る >