渡辺考×鷲巣力×樋口陽一トーク・サイン会「青春ノートを読む!!」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2019年2月1日 / 新聞掲載日:2019年2月1日(第3275号)

渡辺考×鷲巣力×樋口陽一トーク・サイン会「青春ノートを読む!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
★渡辺考×鷲巣力×樋口陽一トーク・サイン会「青春ノートを読む!!」
「加藤周一 青春と戦争『青春ノート』を読む」(論創社)刊行記念

2月9日(土)16時~18時(開場15時45分)、紀伊國屋書店新宿本店9階イベントスペース、入場料500円、定員50名。

【登壇者】

▽樋口陽一氏(法学者。東北大学名誉教授、東京大学名誉教授)

▽鷲巣力氏(評論家。立命館大学客員教授、同大学加藤周一現代思想研究センター長)

▽渡辺考氏(NHKディレクター)

司会=志賀信夫氏(編集者、批評家)

申し込みは、店頭または電話で。新宿本店2階売場直通(10時~21時)予約☎03・3354・5702 

十代の加藤周一が開戦まで書き続けた「幻のノート」が発見された。立命館大学に収められたこの「青春ノート」を学生たちに読ませるドキュメンタリー番組を渡辺考氏が制作。これに基づいて、指導した鷲巣力氏とともに、加藤にとっての戦争、そして著作との関係を含めて提示する書籍を刊行した。本書では、上野千鶴子、池澤夏樹、樋口陽一らの発言を含めて、現代に加藤の著作と思考の軌跡、さらに「戦争の時代」を問う。本イベントではそのおひとり、樋口陽一氏を迎えて編著者渡辺考氏、鷲巣力氏の3人で「加藤周一とは」、そしてその「戦争との向き合い方」などを語り合い、ファシズムや独裁主義の動きが世界で顕著な現在に一石を投じる。
この記事の中でご紹介した本
加藤周一 青春と戦争『青春ノート』を読む/論創社
加藤周一 青春と戦争『青春ノート』を読む
著 者:鷲巣 力、渡辺 考
出版社:論創社
以下のオンライン書店でご購入できます
「加藤周一 青春と戦争『青春ノート』を読む」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
樋口 陽一 氏の関連記事
渡邉 学 氏の関連記事
鷲巣 力 氏の関連記事
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
人生・生活 > エッセイ関連記事
エッセイの関連記事をもっと見る >