司馬遼太郎×尾崎秀樹  現代と維新のエネルギー 『週刊読書人』1967(昭和42)年1月9日号(1/2合併) 2~3面掲載|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人アーカイブス
更新日:2019年2月15日 / 新聞掲載日:-0001年11月30日(第657号)

司馬遼太郎×尾崎秀樹 
現代と維新のエネルギー
『週刊読書人』1967(昭和42)年1月9日号(1/2合併) 2~3面掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
第5回
国家らしい国家を これからの日本について思うこと

尾崎 
 最後に現代の問題にひきつけて伺いたいんですが、現代史は書かないと司馬さんはいわれるけれども、しかし司馬さんの作品の背景にはむずむずとしだすほどの現代が動いていると思うんですけれども、これからの日本の社会というか、現代というか、それをどのように把握されるんですか。
司馬 
 ぼくの作品がどういうんですか、非常に現代的であるということばをいただく時にですね人間というのは変わらないんだというところに立っているからだろうと、自分では解釈しているんです。だから現代に対する私が、ダイナミックな、ビビッドな、つまり感覚があるのかと思われるのはたいへんほめすぎでありまして、あんまりないんですよ。あんまりないといったらおかしいけれどもまあ、そういうことはあまり自分で意識していないんです。だからこれからの予言というのはあり得ないんですよ。

現代という問題でもですね、歴史を読んでおりまして、人間の問題は永久に変わらないと思っているんです。徳川時代人も戦国時代人も今の人も同じですね。服装が変わっただけで、どこを押せば泣くということもみんな同じですね。
尾崎 
 しかし、変わらない日本人みたいなもの、変わらない日本の大衆について書き続けて来たということは、同時にこれからの日本人に対しても言いたいことが無数にあるということになりますね。

たとえばいまの歴史教育なんてのを見ますと、個人的英雄というのはもちろん出てこないしね。ほとんどが社会発展史だと思うんです。すると一般大衆、とくに子どもたちね、今度は白土三平の漫画なんか見て、明智光秀はどんな人物であったか、信長はどんな人物であったかというようなことを学んでいるわけですね。たしかに、そういうものは歴史の教育を一面では補っているのでもあるんだが、同時に歪みも生まれて来ますね。歴史小説を手がける作家として、こういうことはぜひ欲しいというようなこともあるだろうと思うんですが。
司馬 
 それはあります。歴史の教科書をちらっと読みますと、時々笑い出しちゃって三ページと進めなくて、よくまあ子どもはがまんしていると思いますけれども歴史は概念じゃないんですからね。概念として教えたらどうにもならないもんですね。
大学でつくっているのかどうか知りませんがね、先生もよくがまんしていると思います。しかし、このごろ歴史というものを、生きた形で教えるという方向になってきているようですね。あたりまえのことですが、これはたいへん結構なことだと思っています。

将来の日本をどう思うかというような大へん漠然としたむずかしい問題よりも、小さな具体的な問題でいわしていただくとですね、やっぱり大統領的な首相をもつことですね。天皇を元首にすることは、これはかまいませんから。これは大へん象徴的な人ですから、異論がありませんが、しかし実際の運営をする人。これはやっぱり大統領的な首相という人が必要ですね、歴史的に見て、そうなんだから。で、首相公選で直接選挙でやる、それでその首相ももっと権限をもたしてですね、そうすれば大統領に反逆するということもすさまじく、いい姿になってくるし統一の姿というのはおかしいと思うんだけど、国家らしい国家になると思うんです。

佐藤栄作に反逆するということは、われわれはもうばかばかしくて、みんな捨てていますね。そのぐらい弱権のものですよ。弱き権力、弱き連中ですね。だからもうちょっと強い権限を持たした大統領が出てきて、はじめてそれに反逆するものも非常にさわやかな、生き生きとした姿勢をとれますしそれに対して、その秩序を守ろうとする、大統領に賛成するものも一生懸命賛成できますから。そうすると日本というのが非常に統一的な姿をとる。国家らしい国家になると思うんです。

これは、中曽根さんとか、そういう人たちがいっている首相公選の意味とは違うんです。首相直接選挙の意味とは違うんです。あの人たちのは派閥的なアンチテーゼとしていっているらしいんです。だけれども、ほんとうに歴史的に考えてそうですね。そしてまた今後の日本の体質改善というようなことからいっても、やっぱりそういう形の日本に直して行こうじゃないかということを、この方が大事ですね。
そうなりますと非常に清潔な部分なんかも出てきましてですね、海外へ出て行く日本人の姿も背景がしゃんとしてくると思うんです歴史小説を書いているとですね、それをひしひしと思うですね。
1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加
司馬 遼太郎 氏の関連記事
読書人アーカイブスのその他の記事
読書人アーカイブスをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 歴史・時代関連記事
歴史・時代の関連記事をもっと見る >