齋藤陽道写真展「感動、」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2019年3月1日 / 新聞掲載日:2019年3月1日(第3279号)

齋藤陽道写真展「感動、」

このエントリーをはてなブックマークに追加
★齋藤陽道写真展「感動、」(東京都人権プラザ企画展)

開催中〜3月30日(土)まで、東京都人権プラザ1階企画展示室(東京都港区芝2―5―6 芝256スクエアビル1階)、9時半〜17時半*日曜閉室/祝日開室、入場無料。

【関連イベント】

▽トーク「写真集『感動』が顕わにする世界の姿」3月9日(土)14時〜16時、登壇者=姫野希美氏(赤々舎・ディレクター)×齋藤陽道氏。

『感動』の版元であり、数々の写真集を世に送り出してきた写真集出版社・赤々舎の姫野氏とともに、『感動』が顕わにする世界の姿を読み解く。

▽トーク「詩の生まれるところ」&ワークショップ「幻聴妄想かるた―遊ぶ・語る・作る」3月23日(土)14時〜16時半、登壇者=就労継続支援B型事業所「ハーモニー」の皆さん、タイムテーブル=トーク14時〜15時/ワークショップ15時〜16時半まで。

幻聴、妄想、そして詩。何が異なり、何が同じなのか。統合失調症を生きる詩人と写真家。往復書簡を続ける二人の対話。後半は「幻聴妄想かるた」で遊んだり、作ったりしながら、心というものの不思議さや、そのトラブルについて思いを巡らせる。

*ワークショップのみ事前申込・先着順(定員20名)。申し込みは、東京都人権プラザ☎03・6722・0123/FAX03・6722・0084/tenji@tokyo-jinken.or.jp

いずれも会場は、同館セミナールーム、定員80名(申込不要、当日先着順)、参加無料、情報保障・託児保育(要問い合わせ)

◎詳細はWEBサイトを参照。東京都人権プラザhttps://www.tokyo-hrp.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
芸術・娯楽 > 写真関連記事
写真の関連記事をもっと見る >