頁を開くたびに、新しい発見がある|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2019年3月1日 / 新聞掲載日:2019年3月1日(第3279号)

頁を開くたびに、新しい発見がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年、池袋のジュンク堂書店で、柄谷行人さんの講演を、二度拝聴する機会に恵まれた。『世界史の実験』に繋がっていくテーマについて、各回二時間近くに及んだだろうか。その話す姿は、いつにもましてお元気そうに見えた。講演後に話しをすると、新しい本(本書)は、既にゲラにもなっているとのことで、早速拝読させてもらうことになった(刊行二ヶ月も前に、いち早く! 僥倖である)。以来、何度繰り返し読んだだろうか。頁を開くたびに、新しい発見がある。インタビュー中でも話題になったが、「実験の文学批評」は、久々の柄谷さんの文学批評である。年譜などをかなり詳しく遡ってみたが、島崎藤村をメインテーマに据えた評論はなかった(ように思う)。ジャン=リュック・ゴダールの新作『イメージの本』が、この五月に公開される。二〇一九年は、ふたりの偉大な表現者の〈新作〉に接することができた年として、記憶に刻んでおく。     (A)
この記事の中でご紹介した本
世界史の実験/岩波書店
世界史の実験
著 者:792
出版社:岩波書店
以下のオンライン書店でご購入できます
「世界史の実験」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想関連記事
哲学・思想の関連記事をもっと見る >