世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代 2月19日開幕~5月19日まで|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2019年3月1日 / 新聞掲載日:2019年3月1日(第3279号)

世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念
ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代
2月19日開幕~5月19日まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京・上野の国立西洋美術館で、「国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」が2月19日、開幕した。20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887―1965)が設計した国立西洋美術館本館は2016年、ユネスコ世界文化遺産に登録。

開館60周年を記念して開催される本展では、若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返る。第一次大戦の終結直後の1918年末、ジャンヌレと画家アメデ・オザンファンは、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術を唱えるピュリスムの運動を始めた。そして、絵画制作に取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの美術界の先端を行く芸術家たちとの交流から大きな糧を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」へと生まれ変わる。本展はル・コルビュジエと彼の友人たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成。ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる。前日の2月18日に行われた内覧会及びオープニングには、各種メディア、建築・アート関係者など、大勢のコルビュジエファンが訪れ、熱心に展示に見入った。

★国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

開催中~5月19日(日)まで、国立西洋美術館本館、開館=9時半~17時半(毎週金・土は20時まで)*入館は閉館30分前まで、休館=毎週月曜、5月7日(火)(ただし3月25日、4月29日、5月6日は開館)、観覧料=一般1600円、大学生1200円、高校生800円*全て税込み。中学生以下無料。

問い合わせは、国立西洋美術館(ハローダイヤル03・5777・8600)
ル・コルビュジエ展特設サイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術関連記事
美術の関連記事をもっと見る >