樋口一葉記念第27回やまなし文学賞|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2019年3月8日 / 新聞掲載日:2019年3月8日(第3280号)

樋口一葉記念第27回やまなし文学賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
★樋口一葉記念第27回やまなし文学賞

第27回やまなし文学賞(やまなし文学賞実行委員会主催)の受賞作が次の通り決定した。選考委員は、小説部門:坂上弘氏、佐伯一麦氏、長野まゆみ氏、研究・評論部門:中島国彦氏、関川夏央氏、兵藤裕己氏。

【小説部門】

▽やまなし文学賞=足立絵莉「ログアウト」

▽やまなし文学賞佳作=福島敏真「息子」

▽やまなし文学賞佳作=大和マヤ「バースデイケーキ」

※賞金は、やまなし文学賞100万円、同佳作30万円。また、やまなし文学賞受賞作品は単行本として刊行予定。

【研究・評論部門】

▽やまなし文学賞=鈴木俊幸『近世読者とそのゆくえ 読書と書籍流通の近世・近代』(平凡社)

▽山本芳明『漱石の家計簿 お金で読み解く生活と作品』(教育評論社)

※賞金各50万円

表彰式は、3月10日(日)、県立文学館研修室(どなたでも参加可)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >