★「憲法寄席」春席公演「長長秋夜~小熊秀雄と朝鮮」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2019年3月15日 / 新聞掲載日:2019年3月15日(第3281号)

★「憲法寄席」春席公演「長長秋夜~小熊秀雄と朝鮮」

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月30日(土)17時~、31日11時半~・16時~開演。北とぴあぺガサスホール(JR王子駅北口徒歩3分、地下鉄南北線王子駅⑤番出口直結)、全席自由・一般2500円、学生2000円。

第1部=〈憲法寄席スペシャルライブ〉「時代に媚びず、歌え! しゃべりまくれ!」政治・世相風刺の憲法寄席ライブ、第2部=〈朝鮮半島と詩人たちNo・3〉「長長秋夜~小熊秀雄と朝鮮」歌、朗読、講談、韓国舞踊による構成舞台。

戦争の足音とともに言論弾圧がはじまる1930年代。多くの文化人・知識人が「日本精神」を鼓舞、進歩的な詩人も口をつぐむ中、小熊秀雄は詩「しゃべり捲れ」とともに日帝植民地下で苦しむ朝鮮民衆への
熱い連帯の意をこめた長編叙事詩「長長秋夜」を発表。

予約・問い合わせは、FAX03・3909・4123、携帯電話090・4385・7973、seiji.ta-2_2.6@docomo.ne.jp(担当:高橋)
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >