牽|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心 第189回
更新日:2016年7月8日 / 新聞掲載日:2016年7月8日(第3147号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
牽
一日遅れだが、今回取り上げるのは、七夕伝説に登場する「牽牛星」の「牽」である。
この漢字のもともとの意味は、「牛を引いて進む」こと。部首「牛」が付いているのはそのため。残りは「玄」と「冖」に分けられ、「玄(ゲン)」は音読み「ケン」を表しているとされる。「冖」が付いている理由は、いくつかの説があってはっきりしない。

この漢字、「玄」と「冖」と「牛」の三つから成り立っているわけだから、書き方としても、この三つを順に書いていくのが妥当だろう。しかし、「玄」と「冖」を重ねて書く形は、ほかの漢字ではまず見られない。そのためか、古い手書きの文献などでは、「亠」の下に「ム」を書き、「冖」を書いてからさらに「ム」を加えている例が少なくない。

そう書くと、音読みを示す「玄」が分解されてしまうので、漢和辞典としては「誤字」とせざるを得ない。が、書きやすさといい、出現頻度といい、捨てるに忍びない誤字なのである。(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
このエントリーをはてなブックマークに追加
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >